最新メッセージ & TOPICS

2017年

 1月3月5月/8月


                                      2017.8.27

 


  
                            La fachada de la Universidad de Salamanca © Yoko

  残暑お見舞い申し上げます。
  暑さ厳しい日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 早いもので今年も半ばを過ぎ、前回からご無沙汰しましたが、おかげ様で    
 この間に2回の渡航ツアーを無事に終え、今度は秋の準備を進めています。
 5月末から6月上旬のスペインツアーでは、マドリッドを拠点にしながら
 バレンシアやハエンでコンサートを行い、旅の途中に訪れることのできた
 サラマンカ、クエンカ、コルドバでは久々に街中を足が棒になるほど歩き
 まわり、旧市街の大聖堂や美術館、歴史的建造物などをゆっくり巡ること
 ができました。その中でも一番強烈な印象を残したのが、旅の最終日のこ
 とでした。この日は偶然にも街で年に一度の大きなお祭り日に重なったた
 め、開演時間が21時45分と遅くなり、夕刻から開催される闘牛に市長
 よりご招待されたのです。今ではスペインでも動物愛護の観点から反闘牛
 運動も高まっており、TVでの生中継も禁止、ついにはバルセロナのモヌメ
 ンタル闘牛場もショッピングセンターに変貌。私の音楽仲間や友人でも、
 闘牛など野蛮で見たくもないという人が多数派です。やはりそれでも、
 有史以来、五穀豊穣のシンボルである牡牛信仰と、その生命を神に捧げる
 儀式から発展してきた伝統がそう簡単に廃れるはずもなく、歴代のスター
 闘牛士の武勇伝は語り継がれ、煌びやかな衣装を展示する闘牛博物館も
 あり、闘牛シーズンには、アンダルシア各地で定期的に興行ポスターを
 見かけます。
  小さな闘牛場のソンブラ(日陰)席は、あっという間にぎゅうぎゅう詰
 めとなり、隣に座られたお爺さんは、私に満面の笑みを見せて、その町出
 身の闘牛士の父親があちらにいるんだよと話しかけ、ファンファーレと共
 に勢いよく駆け出してくる牛の登場から、生と死が交差する瞬間ごとに巻
 き上がる人々の歓声や悲鳴、強烈な太陽光によって描き出されるマントの
 シルエットや勇敢な演技を見せた闘牛士の健闘と、力尽きた命への哀悼、
 その全てが熱気あふれる会場の雰囲気と相まって、胸に迫りました。
  その直後の演奏会では、リハーサルもなしのぶっつけ本番となったので
 すが、闘牛士のごとく、心なしか姿勢良く、高揚感がみなぎってきたのが
 不思議でした。さらには終演後には夜中の2時過ぎまで賑やかなお祭りに
 参加し、疲れ知らずの不思議な浮遊感の中に、アンダルシアの夢をみたか
 のような気がします。
  実はブラジルにいた頃、家族旅行でメキシコを訪れた際、観光用の小さ
 な闘牛場で少しだけ観たことがあるのですが、砂埃とその凄まじい光景に
 降参して、すぐに退出したことがあるため、大人になって、再び間近に
 『闘牛』に接することもないだろうと思っていたのですが、やはり、ヘミ
 ングウェイを虜にし、ピカソやダリやロルカなど、多くの芸術家に影響を
 与えた「闘牛」文化をより知る上でも、思いがけずの貴重な体験でした。
  ホアキン・トゥリーナの「闘牛士の祈り」を収録したCD『Paisajes』
 や、闘牛の始まりに演奏される、『エントラーダ』という曲やパソドブレ
 を作曲したことで有名なキンティン・エスケンブレのお孫さんであるロベ
 ルト氏から託された貴重な楽譜など、改めて見直しています。


 
                                             toreo© Yoko
  7月末に訪れたフランス、リモージュ近郊の避暑地での音楽祭でも前夜
 祭のようなお祭りがあり、小さな湖に水上花火まで上がり、とても楽しい
 ものでした。古い教会で行われたコンサートでは、司祭様の部屋が楽屋に
 早変わり。ヨーロッパでは、こうした祈りの場も、響きの良いホールとし
 て度々気軽に音楽会に使われていますが、演奏する方としては、神聖な場
 で音楽を共有できることが、平和への祈りにつながり、格別なインスピレ
 ーションに満ちたひとときです。
  その他、アランブラの森近くの穴場スポットを散策したことなど、お伝
 えしたいことがたくさんあるのですが、このような旅とコンサートのスナ
 ップ写真を整理して、近いうちにVol.3フォトアルバムサイトに少しづつ加
 えていけたらと思います。

 

                                       Alhambra de Granada© Yoko

  次回の海外ツアーは、9月1日から初めてのフィリピン(セブ島)、そ
 して、11月13日より約1ヶ月間かけての長期ツアーを予定しています。
 スペインでのコンサートの後、中南米(チリ、アルゼンチン、ボリビア、
 ペルー)の各地を巡っての演奏予定です。世界中で治安情勢が懸念される
 近頃ですが、充分安全には気をつけ、機会がある限り、臆することなく各
 地で演奏活動を続けていけることを願っています。

  さて、昨年12月にも来日されたスペインの名ギタリスト、ホセ・マリ
 ア・ガジャルド氏が、今秋も日本ツアーで来日されますが、初日の東京公 
 演9月29日と横浜公演10月1日の2回を共演します。前回ご報告した
 ように、春の陽光のセビーリャにてレコーディングをした、ガジャルド氏
 の作曲作品をピアノ編曲で収録したCDリリースを記念し、横浜公演では
 私もピアノソロを演奏します。ガジャルド氏の素晴らしいギターソロは
 もちろん、アランフェス協奏曲など、ギター&ピアノでも再び共演します
 ので、ぜひ多くの皆さまにご来場いただけますよう、心よりお待ちしてお
 ります。
  その後、おなじみのマリア・エステルさんが10月に来日、14日に
 は杉田劇場主催のフレンド・シップコンサートが企画されています。そ
 の他の公演についてもコンサート情報に掲載しましたので、どうぞご覧
 ください。又、9月16〜18日には第25回清里スペイン音楽祭にも
 出演しますので、秋桜の綺麗な時期の清里を楽しみにしています。
 
 来月から年末にかけての旅とコンサートラッシュとなりますが、新たな
 土地と音楽の出逢いを感謝し、充実のシーズンにしたいと思います。
 
  みなさまもどうぞお元気でお過ごしください。

 

                                 YOKO TAKAKI

 

 

                                      2017.5.14

 
 
 
 
 桜から新緑への移り変わりは早く、皐月も第2週目になりました。
 今日は母の日。カーネションはスペインの国花であり、スペイン語で「クラべリー
 トス」と言います。花言葉は「真実の愛」だそうです。
 実は、私のCD『クラべリートス』は、文字どおり、秘かに母へ捧げていたものな
 のですが、母が小さい時からピアノという宝を与えてくれたこと、それが今に 
 ずっとつながっていることに改めて感謝しながら、今回はこのCDのカーネーション
 を再び飾ります。

 さて、パソコンの不具合で本サイトの更新ができず、ご報告がすっかり遅くなりまし
 たが、おかげさまで3月にセビージャで行ったレコーディングは無事に終えました。
 スペインで制作され、秋までにはCDとしてお披露目されることになると思います
 ので、また随時詳細が分かりましたらお知らせします。ちょうど、3月のセビージャ
 の春祭り(セマナ・サンタ)前でしたが、まるで初夏のような陽気で気温も上昇、
 録音会場のホールのあるマリア・ルイサ公園内はゴクラクチョウカ科のストレチア
 や桜などたくさんの花々が咲いてました。この時に撮影した写真をまとめたので、
 こちらのページからご覧ください。この後は、毎年行っているハエン県での講習会
 で子供達へのピアノレッスンを行った後、マドリッドから、ポルトガルのリスボン
 へ久しぶりに足を伸ばしてきました。スペインとは飛行機でたった1時間で行かれ
 る隣接国ですが、柔らかなポルトガル語の響きとアズレージョの街並み、そして
 ファドの調べに新たな旅情を与えられます。ポルトガル料理はスペインに負けず
 劣らず、海鮮類が豊富で美味しく、鶏やコルク製品のお土産製品がたくさんある
 お店を覗きながら歩くのも楽しいものでした。以前から訪れてみたかった、1755
 年のリスボン大地震で屋根が崩れてしまったカルモ教会Convento de Carmo
 では、実際に石柱がむき出しになってしまった空間に入るととても神聖な空気を
 感じました。街の各地にかつての地震の足跡が残されているのを見るにつけ、
 自然の脅威を感じると共に、いつでも立ち上がることのできる人間の逞しさを
 感じて勇気をもらったような気がします。こちらのフォトアルバムのリスボンの
 コーナに、今回の風景写真もこれから少し追加しますので、どうぞ、その様子を
 お目にかけて頂ければ幸いです。

 
                                             Lisboa © Yoko

 さて、そうこうしているうちに再びスペイン行きの日が近づいてきました。
 今回は、スペシャル・トリオでのバレンシア公演など3回のコンサートを予定して
 おり、その間に迎える誕生日にはサラマンカを訪ねることにしました。これから
 先、秋には中南米4カ国を回るツアーなど、多くの旅が続きますので、体力気力
 ともに充実させていきたいと思います。
 
 まだ先ではありますが、秋に開催する横浜での公演準備も鋭意進めております。
 特に10月1日(日)杉田劇場で 行う、 ホセ・マリア・ガジャルドさんとの
 コンサートは、上記CDお披露目記念でもありますので、ぜひお近くの方はご予定
 いただけますと嬉しいです。
 詳細は近日中におしらせが掲載できると思いますので、 こちらのHPをご覧ください。

 
  それではまた♬
  みなさまもどうぞお元気でお過ごしください!

 

                                 YOKO TAKAKI
 

 



                                      2017.3.5

 

 早くも3月に入り、ようやく春らしい陽気になってきました。
 明日からスペインに発ち、まもなくスペインでのCD録音プロジェクト開始です。
 帰国後に、ここで詳しくご報告したいと思いますが、とても素敵なギター作品
 が、私のピアノでどのような響きに生まれ変わるのか、、どうかご期待ください!

 ● 旅の道中、時間のある時に時々写真UPしてますので、宜しかったら
  FacebookInstagramなどのSNSもどうぞご覧ください♬
 (FBは友達のみの設定にしていますので、メッセージ付きでリクエストして
  頂ければ、嬉しいです。)

 

                                 YOKO TAKAKI
 

 


                                          2017.1.3

  2017年 ¡ Feliz Año Nuevo !

 
                                            2017 © Yoko

 あけましておめでとうございます!

 皆さま良い新年をお迎えのことと思います。
 世界が平和と音楽に溢れる1年となりますよう願いを込めて、今年のポストカードは明る
 いシアワセ色にしました。皆さまの新しい1年が素晴らしいものとなりますことを心より
 お祈り申し上げます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 早いもので今年は演奏活動を始めて20年目となる節目の年です。これまでにスペインを
 はじめ、イタリア、フランス、ドイツ、クロアチア、アルゼンチンやトルコ共和国、台湾
 など、国内も札幌から沖縄まで、多くの場所で演奏させていただきました。
 そこで出逢った多くの人との想い出が、私のかけがいのない財産になっています。
 これからも、まだまだ奥深い『ピアノの魅惑』を求めて研鑽を積み、楽しみながら演奏活
 動を行っていく所存です。どうか、これからも応援ください。
 
 さて今年は、まず3月はじめにスペイン、セビージャでの録音が決まり、それに向けての
 準備を徐々に進めております。その前に1月末のJSSPM例会での講座や、札幌でのサロン・
 コンサートなどもありますので、どうぞお近くの方は是非、ご来場ください。
 詳しくはコンサートのご案内ページの方へ随時、詳細が決まり次第、更新していきます。

 遅くなりましたが、昨年の旅で撮影した写真のスライドショーをまとめましたので、vol.3
 サイトこちらのアルバムをお楽しみ頂ければ嬉しいです。
 
 それではまた皆様にお目にかかれる日を、楽しみにしております♬

                                  YOKO TAKAKI


 
 ● 公益社団法人 才能教育研究会のスズキ・メソードの機関誌「SUZUKI ME
  THODO」196号で、「先輩、こんにちは」のコーナーでご紹介頂きました。
  こちらで記事をご覧いただけます。幼少時の写真などもあります!

 

 ● 昨年12月7日の豊洲シビックセンターホールにて、ホセ・マリア・ガジャルド氏
  ギター作品『カルフォルニア組曲』を演奏した際のリハーサル時の様子が一部、
  こちらのYouTubeに出ていますので、どうぞご覧ください。ガジャルド氏がピアノ
  での演奏を気にいってくださり、彼の美しいギター作品集を私がピアノソロで演奏し、
  3月にセビージャでレコーディングすることになりました。どうぞご期待ください!

 


2016年

1月4月5月7月10月12月



                                         2016.1.20
 

  2016年 ¡ Feliz Año Nuevo !

 
                                            2016 © Yoko

 明けましておめでとうございます!

 輝かしい年を予感させるかのように、お天気に恵まれた正月で2016年が始まりました。
 皆様も健やかな新年をお迎えのことと思います。
 さて、今年もミニカレンダー付きの年賀状を作り、お届けしましたが、今回はピアノの
 フォルムの中に、昨年の思い出のコンサートの写真や飛行機の中で描いたスケッチなど
 をはめ込みました。アルメニアのランプのモニュメントを満月に見立て、ブルーの空に
 光り輝く南十字星。そして、小鳥がピアノの音色に合わせて世界の平和を歌っています。
 今年も皆様の365日が、素晴らしい日々となりますことを、心よりお祈り申し上げます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします♬

 すっかり時間が経ってしまいましたが、昨年のスペインツアーのご報告をフォトアルバム
 にまとめました!旅の合間に撮影したコルドバサンチャゴ・デ・コンポステーラの景色
 マドリードのアテネオ劇場での演奏動画などもご紹介していますので、ぜひ、お時間の
 ある時に、こちらから、ゆっくりお楽しみいただければ嬉しいです。その他、ピアノコレ
 クションのページや、コンサート情報も更新しました。

 今年のスペインは、まず2月末からスタートです。又、3月26日にはギター&ピアノ
 の巨匠、クエンカ兄弟を2年ぶりに迎えてのコンサートを、地元横浜のリリスホールに
 て開催しますので、是非ご期待ください。皆さまのご来場をお待ちしております!
 [→3月26日のコンサート詳細

 これからしばらくは冬本番の寒さとなりますが、どうかお元気でお過ごしください。
 それではまた♬
                              
                                YOKO TAKAKI

 



                                       2016.4.26
       
                                             Torre Alfonsina  © Yoko


 早くも新緑の季節を迎えています。
 九州の熊本、大分、そして南米エクアドルでの地震のニュースに心を痛めてい
 ます。1日も早い収束と復旧を願うばかりです。

 すっかり更新が滞り、ご報告が遅れてしまいましたが、先月26日のクエンカ
 兄弟を迎えて開催したコンサートは盛況のうちに終えました。ご来場、応援頂
 いた皆さまには、心より御礼申し上げます。次回は世界的ギタリストのホセ・
 マリア・ガジャルド氏を迎えての会を12月4日に杉田劇場にて開催しますの
 で是非ご期待ください。

 さて、2月末から訪れたスペインの滞在は大変充実したものでした。雪の舞う
 マドリッド近郊のエル・エスコリアル修道院や、映画「80日間世界旅行」の
 舞台ともなった町チンチョンを友人の車で巡りました。その後、ムルシア県ま
 で足を伸ばし、名ギタリスト、ナルシソ・イエペスの故郷ロルカを訪問。ハエン
 県の音楽フェスティバルでの講習会では、32名もの可愛い子供達のレッスンを
 行い、世界中から強豪が集う国際ギターコンクールで審査員を務めました。
 そして、この旅の最後に友人でコルドバ出身の作曲家、プリミティーボ・ピコ氏
 より、最新作の6曲からなる組曲『アル・アンダルース』、その他2曲を献呈さ
 れるという、とても嬉しいサプライズがありました。これらの作品はアンダルシ
 アの雰囲気そのままに情熱と哀愁に満ちた、彼のオリジナル作品ですが、このよ
 うな魅力的な作品の初演を任されたことは、演奏家冥利に尽きます。是非、早く
 に皆様に聴いていただけるよう、取り組み中ですので、どうかご期待ください。
 又、今回も旅の中で出逢った風景や美しい瞬間を撮りためてきましたので、近い
 うちアルバムでご覧にかけたいと思います。

 

 さて、こちらもようやくですが、『大聖堂』のピアノ譜を出版しました。楽譜
 の表紙には、私がマヨルカ島の大聖堂で撮影した、美しいステンドグラスに想い
 を重ねました。CD『クラベリートス』に収録し、各地で演奏するたびに好評いた
 だいているギターの名曲のピアノ用にアレンジした、この楽譜をご希望の方は
 どうぞこちらへご連絡ください。冊数限定で頒布させていただきます。

 


 来月は再びスペインへ出かけ、スペシャル・トリオのコンサート中心に、マラガと
 ハエンの各地を回ります。5月のスペインは、1年で最も美しい季節ですので、今
 からとても楽しみにしています。

 来月には、また嬉しいニュースがありますが、これはまた次回お知らせしたいと
 思います。どうぞ皆様、お元気でお過ごしください。

 それではまた♬

                            
                                       YOKO TAKAKI


▲ TOP


                                       2016.5.11

 🍀 おしらせ:昨日は、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」の収録でした。
 2台ピアノでミヨーのスカラムーシュを下山静香さんと一緒に演奏しました。
 大きなTVスタジオでの撮影収録は初めてでしたが、とても楽しいひと時でした!
 お世話になりました番組製作スタッフのみなさま、有難うございました ♪

 下記の日程で放送予定ですので、是非ご覧いただければ嬉しいです。

[放送予定日]
 本放送 2016年5月21日(土)
 Eテレ  21:30〜21:59 全国放送
 再放送 2016年5月26日(木)
 Eテレ  10:25〜10:54 全国放送

 番組HP:http://www4.nhk.or.jp/lalala/

 
 
 さて、明日から再びスペインに出発します!
 今回は、スペシャル・トリオでのマラガ近郊のコンサートを中心に、次の
 プロジェクトに向けての準備をしてきます。又、新緑のスペインの風景を
 撮影できたら、帰国後アルバムにしてご紹介したいと思いますのでご期待
 ください♬

                              YOKO TAKAKI



▲ TOP



                                         2016.7.18

  暑中お見舞い申し上げます。
 早くも夏本番となりました。皆様、お変わりありませんか。
 すっかり更新が遅くなりましたが、5月放送の「ららら♪クラシック」を多くの方に
 ご覧いただき有難うございました。とても楽しいミヨーの「スカラムーシュ」の魅力
 伝わる番組への出演はとても嬉しいことでした。こちらが番組のあらすじです。
 放送日の21日は、ちょうどスペイン滞在中で、マラガ県のコスタ・デル・避暑地と
 して有名なトーレモリーノスという街にてトリオ・コンサートでした。日中は太陽が
 輝き、すでに真夏の日差しで海水浴客でも賑わっており、お昼間は久しぶりにマリア・
 エステルさんとお土産街をそぞろ歩き、楽しいひと時を過ごすことができました。
 その前の週は、世界遺産の街ウベダで毎年開催される国際音楽祭に参加し、詩人アン
 トニオ・マチャードで有名なバエサの街を散策したり、前回ご紹介した『アル・
 アンダルース組曲』に取り組むこともでき、充実した滞在でした。
 この作品の楽譜が、この度バレンシアの出版社GTE música - Editorial musical.から、
 早くも出版されたとのお知らせが届きした。近いうちにコンサートで皆様に聴いて
 頂けますよう、鋭意準備中ですので、どうかご期待ください。
 

 先月の北海道ツアーでは、クロアチアの名ギタリスト、ササ・デヴァノヴィッチさんと
 共に、札幌、旭川、富良野を巡っての演奏、そして雄大な自然と食の宝庫を楽しませて
 頂きました。各地でお世話になった皆様に心より感謝申し上げます。

 

 再びスペインに21日より出発します。翌日にはローマに飛び、イタリア南部の音楽
 フェスティバルに招れての演奏、その後、バルセロナ方面からアンダルシアへ向かい
 8月上旬にマドリッドから帰国という予定です。前の旅の写真を整理する時間が取れ
 ずに、再び出発となったのが心残りですが、帰国後の夏休みに整理して、フォトアル
 バムにアップしたいと思います。皆さまも良き夏をお過ごしください。

 
 それではまた♬

                                 YOKO TAKAKI

 
                                            Viaje © Yoko
                                         

 


▲ TOP

 


                                        2016.10.7

 
                                             Concert © Yoko

 皆さまお変わりありませんか。
 芸術の秋にふさわしく、過ごしやすい日々が続いております。
 HP作成ソフトが不調で起動しなくなっていたため、すっかりご報告が遅くなってしま
 いましたが、ようやく復旧しての更新です。
 おかげさまで、7月末から8月にかけてのイタリア、スペインでの演奏ツアーも無事
 に終えることができ、充実した夏を過ごしてきました。今月11日より初めての台湾ツ
 アーで、宜蘭市で開催される国際音楽祭に出演いたします。この出発前夜の10日には
 マリア・エステルさんとのコンサートがあり、帰国後はベルギーより来日する名ギタ
 リストのラファエラ・スミッツさんとのコンサートを28日に横浜市のリリスホールに
 て開催します。お近くの方はぜひご来場ください。皆様にお目にかかれるのを楽しみ
 にしております。その後11月は恒例となっているスペインでのコンサートに出かけま
 す。
  
 夏の演奏ツアーで撮りためた膨大な写真を、前回の3月、5月の分と合わせて共に、
 フォトアルバムにて、どのようにご紹介できるかを試行錯誤中です。まずは7月末の
 演奏ツアーの様子を少しだけ綴ってみますと、今回もスペイン経由でローマへ。そこ
 から長距離バスで4時間揺られて、2年ぶりの訪問となったアドリア海沿いの街、 ポ
 ルト・サン・ジョルノへ辿り着きました。ここでは第11回目となるフェスティバル
 に招かれての演奏ですが、今回の会場は、丘の上にあるトッレ・ディ・パルメ(ヤシ
 の樹の塔)という町の広場が舞台でした。頂上の広場には由緒ある古い教会があり、
 イタリアでも屈指の美しい場所であるとの事で、高台から見渡すアドリア海は絶景で、
 石畳の続く細い路地では、陽気におしゃべりしながら食事をする色々な国の人々で賑
 わっていました。ようやく陽が落ちはじめる夜8時半すぎに開演したコンサート。
 満開のブーゲンビリアが彩る広場に囲まれ、柔らかな月灯りに誘われ満員の聴衆が集
 まりました。そんな中、夜空を見ながらの演奏は、とても気持ちよく、音楽が自然と
 ともに響いているような、とても神秘的な雰囲気でした。そして、舞台から降りてす
 ぐに大勢の方々と暖かな抱擁を交わし、幸せな気持ちに包まれました。終演後、ドレ
 スを着替えた後は、素敵な広場に面しているレストランにて、主催者や友人達と大き
 なビザとビールで乾杯。食べ終わると真夜中の1時過ぎでした。スペインほどではあ
 りませんが、イタリア人も夏は宵っ張りのようで、1日がとても長く楽しめます。
 翌朝は列車で南下し、マウロ・ジュリアーニ博物館を訪ねました。曾曾曾孫のニコラ
 ・ジュリアーニ氏の案内で中世の街を観てまわり、、。このようにして、まだまだ旅
 は続くのですが、続きはフォトアルバムにてお目にかけたいと思います。
 
 今年もはや残り3ヶ月ですが、みなさまも充実した秋となりますよう、又、お会い出
 来る時を楽しみにしています。

 

♬️『大聖堂』の楽譜は「現代ギター」8月号月刊「ショパン」10月号にてご紹介いた
  だきました。 ぜひ、CD「クラベリートス」に収録した作品と共に、お楽しみいた
  だけますことを願っています。

♬ 予告:公益社団法人 才能教育研究会のスズキ・メソードの機関誌「SUZUKI ME
  THODO」の次号で、「先輩、こんにちは」のコーナーに取り上げて頂きました。
  幼少期からブラジル時代の話まで色々懐かしく想い出は尽きず、改めて家族をはじ
  め、たくさんの方の応援を深く感謝しています。機会がございましたら、是非ご覧
  いただければ嬉しいです。
 
  それではまた♬

                                YOKO TAKAKI

 

 


                                        2016.12.17

 

                                      Piano_Albeniz 2016 © Yoko


  クリスマスのイルミネーションが輝く季節になりました。
 すっかりご報告が遅れましたが、おかげさまで、秋以降の台湾、スペインツアー、
 そして各地でのコンサートも成功裏に終えることができました。
 先日は、ホセ・マリア・ガジャルド氏との共演コンサートでしたが、昨年11月の 
 マドリッドのアテネオ公演から1年ぶりのアランフェス協奏曲共演、そして、彼の
 ギター曲『カルフォルニア組曲』のピアノ版を初演することができました。
 私の演奏活動の中心はスペイン音楽、中南米音楽、そしてギターとピアノのアンサン
 ブルが、素敵なギター曲を、ピアノで演奏し、紹介していくことも、今では大切な
 テーマの一つになっています。来年3月のスペインツアー時には、セビージャにて、
 新しいCD録音の企画も決まり、さっそく準備をはじめております。この件はいずれ
 詳しくお知らせしますので、どうぞご期待ください。

 改めて2016年を振り返ると、今年も多くの演奏活動と楽しい旅ができ、素晴らし
 い1年でした。3月のスペインツアー中、ピアノ作品『アル・アンダルース組曲』を
 献呈いただいたこと。春には、NHK TV Eテレ『ららら♪クラシック』番組に出演させ
 て頂き、ミヨーの『スカラムーシュ』を下山静香さんとの2台ピアノで楽しく演奏し
 たこと。その後、念願の『大聖堂』ピアノ版の楽譜を出版。その間、冬、春、秋とス
 ペインでの演奏ツアーに出かけ、夏はイタリアはアドリア海沿いの夏のフェスティバ
 ル出演し、ついでにヴェローナの有名な野外劇場アレーナでダイナミックなオペラを
 鑑賞できたことも忘れられません。国内では、北海道に春夏と出かけ、札幌、旭川、
 富良野などで演奏し、美しい北海道の季節を楽しませて頂きました。10月の台湾で
 の宜蘭国際音楽フェスティバルでは、トリオでのコンサート出演、そして12カ国
 から招かれた和洋様々な楽器や舞踊の音楽グループ、地元の奏者など100名以上の
 大オーケストラの一員として、閉会式にてピアノパートを弾いたのことも、大変エキ
 サイティングな経験でした。さらに、秋には、公益社団法人才能教育研究会、鈴木メ
 ソードの機関誌の巻頭コーナーに登場させていただき、今までのピアノ半生を振り返
 ることができたことに感謝するばかりです。先月11月のスペインツアーでは、日本
 スペイン商工会議所とパラシオ・デ・ウベダ ホテルの主催で行われた「贅沢な午後
 ~Tarde de Lujo」のゲストとして、ピアノリサイタルを行いました。コンサート前に
 は、有機栽培のバージン・エクストラオイルの紹介と講演も行われ、マドリッドなど
 遠方から来場した要人の方々や、コルドバより招いた作曲家プリミティーボ氏の前に
 しての『アル・アンダルース組曲』初演、大好きなアルベニスやグラナドスの作品も
 組んだプログラムを皆さんに聴いて頂くことができたことが嬉しく、夢のように華や
 かな一夜でした。このコンサート前には、バルセロナより友人の車で約2時間かけ、
 アルベニスの生地である、古い石橋がシンボルの自然豊かなカンプロドンをついに訪
 ねることができました。現在、移転準備のため閉館中のアルベニス博物館なのですが、
 市の文化担当の方の親切なご案内いただき、彼の生前使っていたベヒシュタインの古
 いピアノを演奏させて頂いたり、様々な資料をいただき、モニュメントからアルベニ
 スの息吹を感じられる、忘れられない想い出となりました。こうした、秋のスペイン
 ツアーやコンサートなどで撮りためた各地での風景をまとめましたので、こちらの
 フォトアルバムをどうぞご覧ください♬

 また来年も新たな夢に向かい、良い音楽を奏でていきたいと思います。
 皆様、どうか良きクリスマスと輝かしい新年をお迎えください。 
 来る年が平和であること、そして皆様のご健康を心よりお祈りいたします。

  

                                YOKO TAKAKI






2015年

  1月4月5月7月11月12月
             

                                          2015.1.20

 2015年 ¡ Feliz Año Nuevo ! 


                                              2015 © Yoko

 

 寒中お見舞い申し上げます。
 2015年もスタートし、瞬く間に半月が過ぎました。
 今年もAmigosの皆様には年賀状としてお送りしたミニカレンダー付ポストカードは、昨年の旅先での
 写真を組み合わせ、デザインしました。左から、バルセロナの美しいサグラダ・ファミリアのステンド
 ・グラス、スペインの絵タイル、フランスのフェスティバルでの私とピアノ、そして光輝く地中海!
 皆様にとって、今年も素晴らしい1年となりますことをお祈り致します。
  
 今回はVol.2のフォト・アルバムのページを更新しました。昨年11月のスペインツアーで訪れた、古都
 トレドやグラナダの風景です。特にグラナダでは、アランブラ宮殿の城壁の横道に続く、木漏れ日が差す
 石畳の古道を一人歩き、ミステリアスな歴史の面影を感じたひと時でした。
 今年は三月上旬にスペインでのコンサートを予定しております。のんびりペースで2ヶ月に1回ほどの
 更新になっておりますが、時々フォトレポートなどでコンサートや旅の様子をお伝えしていきますので
 どうぞご期待ください。

 まだまだ寒い日が続きますが、どうぞ皆様お元気でお過ごしになりますように. . . ♬
 Hasta luego!

                                      YOKO TAKAKI




                                          2015.4.4


                                           Primavera © Yoko

 

 サクラ色、春爛漫の季節となりました。
 先月始めから訪れていたスペインでも、すでに青空に薄ピンク色の桜が各地で咲いていましたが
 日本の桜は美しく、やはり格別ですね。これから北に向かう桜前線が、各地に春の訪れを告げて
 いるようです。先日は久しぶりに音高時代を過ごした北鎌倉を散策したのですが、円覚寺境内で
 可愛いリスや、春の花々を愛でることができました。

 さて、今回のスペインでは、マドリッドからアルバセテへ、そこからハエン県の町で毎年開催され
 る音楽フェスティバルに招かれ、私は講習会でピアノクラスを担当しました。そのほか、毎夜行
 われるコンサートと併行して行われたギター国際コンクールでは、世界中から集まった覇者達のハ
 イレベルの演奏が繰り広げられ、賑やかで活気ある数日間を過ごしました。その後、電車で3時間
 揺られ、港町アルメリアへ。当地が誇るギター製作家のトーレスを紹介する立派なギター博物館の
 主催でのスペシャル・トリオの演奏会は大好評を得ました。この時、親友マリア・エステルさんは
 アルメリアまで、電車でセビリアより6時間もかかって到着したのですが、昨年の秋以来の再会と
 共演でしたので、楽しさ倍増でした。(今秋10月にも、彼女の来日ツアーが組まれ、横浜公演
 他、各地で共演を予定しておりますので、どうぞご期待ください。)
  

 このコンサートが終わったのは23時過ぎにもかかわらず、ホテルへの帰り道、隣接するアルメ
 リア大聖堂前の広場では、30人が一組となって重い台座を担ぎ、足並みを揃え、音楽に合わせ
 てパレードの練習を行っていました。ちょうど今がセマナ・サンタ(聖週間)の時期となります
 ので、きっと、この背の高い椰子の樹の広場から、オレンジ色の灯りに照らされる路地裏へと行
 進がなされ、お祭りで高揚感漂う人々で埋め尽くされていることと思います。
  その翌日には、アルメリアの空港からバルセロナへと飛び、念願のサルバドール・ダリ劇場美術
 を目的にフィゲラスの街を訪れましたが、ダリ独自の世界にすっかり魅了され、実に有意義な
 音楽と美術の旅となりました。
 
 まだ詳細の掲載は先になりますが、演奏の予定は海外公演以外にも、少しづつスケジュール更新
 していきますので、どうぞまたご訪問ください。
  
 遅くなりましたが、旅のご報告と近況まで。
 皆様もお元気で、素敵な春をお過ごし下さい♬
 

                                   YOKO TAKAKI

                                             Almería © Yoko

 

 


                                         2015.5.25

  

 新緑が気持ちよい季節になりました。
 早くも5月下旬となりましたが、明日から再び演奏旅行に出発いたします。今回はスペインのアンダ
 ルシア地方とイタリアのリグーリア州で開催されるフェスティバルへ招かれての演奏です。詳しくは
 帰国後にご報告したいと思いますが、今はヨーロッパも陽光に溢れる季節ですので、旅も演奏も楽し
 できたいと思います。

 こちらの新たなフォト・アルバムで旅先の風景をご紹介する予定です。まだ作成中途ですが、どうぞ
 ご期待ください♬                            

                                       YOKO TAKAKI

 



                                         2015.7.30
 

 
                                            Arco Iris © Yoko

 暑中お見舞い申し上げます。
 季節は巡り、今年も暑い夏がやってきました。皆様お元気ですか。
 すっかりご報告が遅れてしまいましたが、おかげ様で5〜6月の演奏旅行は毎日快晴に恵まれ、各
 地の音楽祭での演奏も成功し、大変素晴らしい滞在となりました。特にマドリッドからニース経由
 で訪れたイタリアのコート・ダジュール海岸沿いの街インペリアでの演奏は7年ぶりでしたが、以
 前と同じ景色の記憶も鮮やかに蘇り、時の流れが緩やかに感じました(その時のツアーレポートは
 こちら)。港町ジェノバへも列車に乗って再訪し、往年の歴史的ヴァイオリニスト、パガニ―ニの
 愛用していた銘器や愛用品の展示を観ることができました。その後スペインへ戻ってのコンサート
 が連日続きましたが、そこでの感動が新たな活力となっています。旅の初日、マドリッドのレティ
 ーロ公園内を散策中、緑の中に綺麗な虹を撮ることができたのですが、今回もこうしたちょっとし
 た素敵な発見の瞬間、柔らかな時間の流れの中にある旅の風景、そしてコンサートの様子をまとめ
 てスライドショーにしましたので、ぜひご覧ください。
 又、前回訪れたフィゲラスのダリ劇場美術館のアルバム・コーナーもようやく更新できましたので
 こちらもお楽しみ頂けたら、嬉しいです。 

 さて、国内では6月1日付けで「日本スペインピアノ音楽学会(JSSPM)」が発足、先週は駐
 日スペイン大使館において設立式等を行いました。かねてよりスペイン音楽に造詣の深い錚々た
 るメンバーの中に私も加えて頂き、理事として出席させて頂きました。スペイン音楽を中心にピ
 アニストやピアノ愛好家の仲間が集い、さらなる音楽界の活性化、普及を目指します。毎月行わ
 れる例会(勉強会)では、ピアノ作品の講座、親睦も深めることができる場にもなり、スペイン
 音楽をより楽しんで頂けるものになりますので、是非皆様のご参加を一同心よりお待ちしており
 ます。今後予定されている例会、イベントの詳細は、上記のホームページを是非ご覧ください。
 
 私は第4回目の例会を、今秋10月にマリア・エステルさんが来日される時期に合わせて、
 「アランフェス協奏曲」をメインテーマにした講座で、スペイン音楽の魅力をお伝えしたいと
 考えおります。又、10月17日の横浜公演では「日ブラジル外交関係樹立120周年」記念
 事業の公演として、杉田劇場にてヴィラ=ロボスをはじめとするブラジルの作品をメインに取
 り上げます。私は幼少時にブラジルのサンパウロに4年間住んだ想い出から、中南米音楽に特
 に愛着があり、活動の源でもあるため、この記念コンサートでヴィラ=ロボスのコンチェルト
 など素晴らしい作品を紹介できることをとても嬉しく思っております。そのほか、今年は札幌
 ほか各地で素晴らしいマリア・エステルさんとご一緒に共演する演奏会もたくさんありますの
 でどうぞご期待ください。
 
 関東ではまだまだ酷暑が続きそうですが、どうぞ皆さまお元気でこの夏を気をつけてお過ごし
 ください!それではまた。       
                     

                                   YOKO TAKAKI




                                         2015.11.15
 

 
                                            Azur © Yoko


  秋も深まる今日この頃、皆さまお変わりありませんか?
  早いもので、今年もあと僅か2ヶ月を残すばかりです。
 さて、先月10月のマリア・エステルさんとのコンサートを始め、つい先日11日の草月ホール
 で行われた、駐日チリ大使館主催のコンサートにご来場いただいた皆さま、誠に有難うござい
 ました。そして各地でお世話になりました主催、関係者の皆さまには心より御礼申し上げます。
 素晴らしい音楽のひと時を多くの皆さまと過ごせたことを、心より喜んでおります。

  マリア・エステルさんは今年も素晴らしい演奏で多くのファンを魅了され、17日間のツアー
 を終えて26日に帰国されました。この間、連日のように各地でのコンサート、マスタ―クラス、
 ハードスケジュールでの移動が続きましたが、年々高みに到達していくマリア・エステルさん
 の演奏には感銘を受けるばかりです。
  14日の「星のサロン」コンサート、15日のJSSPM例会講座には、お忙しい中を多くの方に
 ご来場頂きました。そして、17日は日本ブラジル記念コンサートの杉田劇場では、初のヴィラ=
 ロボスのコンチェルト共演しましたが、この素晴らしい作品を想い出のブラジルの記念年に演奏
 できたことも大きな喜びでした。(また、12月末にも千葉にてこの作品を演奏する機会があり
 ますので、是非お近くの方はご来場ください。)
  その余韻さめやらぬまま、翌朝の便で無事に札幌へ飛び、キタラホールで行われた渋谷環さん
 の記念リサイタルにマリア・エステルさんと共にゲスト出演させて頂き、「アランフェス協奏曲」
 全楽章を共演ほか、お互いのソロや、デュオ、トリオと大充実のプログラムで、満場のお客様と
 共に素晴らしい空間で感動を分ち合いました。又、室蘭でのスペシャルトリオコンサート等々、
 おかげ様で北海道でもお天気に恵まれ、初雪の降る前に、鮮やかな紅葉も楽しませて頂きました。
  各地での様子は、コンサートご案内のページに、写真を掲載してますので、是非ご覧ください。
 快晴に恵まれ、上の写真のように行きは富士山、帰りは美しい湖と羊蹄山を上空より望めました。

  
  明日からスペインに出かけます。到着後すぐの18日からは、アンダルシア方面にてピアノリサ
 イタル、リナーレスのセゴビア・フェスティバルもあり、さらにマドリッドのアテネオ劇場にて
 世界的名手のギタリスト、ホセ・マリア・ガジャルドさんと、「アランフェス協奏曲」を初共演
 してきます。そして、旅の最後は美食と巡礼のサンチャゴ・デ・コンポステーラを再訪します。
 音楽で世界の平和を祈りつつ、心をこめて演奏してきたいと願います。また新たな風景と音楽と
 の出逢いを、帰国しましたら、写真と共にご報告したいと思います。
 
  皆さまもどうぞお元気でお過ごしください♫
  それではまた!                   

                                   YOKO TAKAKI

 
                                     2015.12.31 大晦日

 
                                          Feliz2015© Yoko

 スペインから無事帰国してのご報告をと思いながら、12月はあっという間に過ぎてしまいました。更新できずに
 大晦日を迎えてしまいましたが、今年も充実した演奏活動を行うことができ、多くの方に感謝するばかりです。
 ぜひ、新年はまた新しい気持ちで進んでいきたいと願っています。お正月休みにスペインでのフォトレポートや
 コンサート情報などを更新できるようにしますので、どうぞまたご訪問ください!
 みなさまの新年が輝かしく、平穏な1年となりますことを、心よりお祈りします。
 感謝を込めて♬

                                        YOKO TAKAKI

▲ TOP

2014年

       1月/3月5月7月10月12月


                                           2014.1.3

 2014年 ¡ Feliz Año Nuevo ! 明けましておめでとうございます


                                              2014 © Yoko

 

 明けましておめでとうございます。
 皆様は良きお正月をお過ごしになられたことと思います。
 今年の年賀状として作成したオリジナル・カレンダーは、昨年のリサイタルで当日お配りしたプログラム
 で表紙とした写真をメインに、色鮮やかな1年となることを願いながらデザインしました。中央の写真はバル
 セロナのサグラダ・ファミリアの荘厳な聖堂のステンドグラスに、太陽の光が差し込み、虹色に輝いていたも
 のです。これらの写真は、旅のレポートで大きくご覧にかけたいと思いますが、こうした光景は私の中で輝き
 を増し、演奏するときのインスピレーションともなっています。
 大空を自在に舞う鳥のように、皆様もどうぞ素晴らしき1年を!
 今年も又、コンサートにてお会いできるのを楽しみにしています。

 

 Para mis Amigos del mundo:

 Muchas gracias por su visita a mi pagína de web !
 Espero que paseis bien este año nuevo con la Música.
 Tengo gana de veros pronto en el concierto.
 Hasta luego !


 
                                             Paz © Yoko


                                        YOKO TAKAKI

▲ TOP

 
                                            2014.3.5

 早くも3月スタートとなりましたが、皆様お変わりありませんか。      
 ご報告が遅れましたが、私は先月2度も大雪となった谷間の11日に運よく日本を旅立つことができ、
 スペインに行って参りました。今回はわずか10日間の旅ながら、とても実りあるものとなりました。
 まずマドリッドから太陽の輝くバレンシアへ美味しいパエージャを食べに出かけ、そのついでに「カプ
 リチオ・アラベ」や「アランブラ宮殿」の曲でお馴染みのギタリスト、フランシスコ・タレガの生地で
 あるVila-Realへ取材をかねて立ち寄ってきました。スペインの町や村では、そこに生を受け、後世に名を
 残した芸術家や音楽家を大切に敬い、銅像はもちろん、通りや生まれた建物にも記念のプレートを掲げ
 てあるのを見ることができます。モンセラット修道院のパブロ・カザルス像もそうですが、先日急逝され
 たフラメンコギタリストのパコ・デ・ルシアは、生前から立派な銅像が故郷のアルへシラスに建造されて
 いるのです。ここVila-Raelも小さい町ながら、彼のゆかりの品々を展示した博物館 Casa de Poloと、
 公園の中にギターを弾くタレガの姿の立派な銅像がありました。ただ、こうして遠い日本から、はるばる
 タレガを目当てに訪ねてくる人は少ないようで、町に数台のタクシーの運転手でさえ、どこにこの銅像が
 あるのか分からず、観光局で場所を尋ねてようやく辿り着きました。バレンシアから、さらにローカル
 列車で往復2時間かけて行き、撮影したターレガの銅像の写真は、月刊専門誌「現代ギター」の4月号
 から始まる、手塚健旨氏執筆の新連載「奇蹟のギタリスト」の第2回目の記事の中に登場しますので
 是非ご覧下さい。

 
                                          F.Tarrega © Yoko

  今回の旅のメインイベントは、日本スペイン交流400周年記念事業ですが、リナーレス市と、セゴビア財
 団により開催された「Homenaje a Japón」の式典に招かれ、演奏してきました。この素晴らしい式典は、昨
 年98歳になられたポベダ館長による講演のあと、リナーレス市長により、在スペイン日本国大使館 佐藤大使
 へセゴビア記念メダルが授与され、その後、大使がスピーチされました。会場内には入れきれず、パティオに
 映し出された特設大型スクリーンを見ながら聴いている方も多く、この催しは現地の新聞やTV取材にも取り上
 げられました。そして、この記念式典に続いてのコンサートでは、私と手塚さんで、日本の曲の他、美しいメ
 ロディの「アンダルシア・ラプソディ」を演奏。次にリナーレスの名士であるクエンカ兄弟による見事な演奏
 と続きましたが、この特別な会を祝うため、私達が急遽、用意したアンコールは、ポベダ館長の希望もあり、
 セゴビアの作品の美しい曲「光のない練習曲」です。クエンカ兄弟と一緒の4人(ピアノ連弾と2台のギター
 という編成)で演奏し、拍手喝采をもらい、会は成功裡に終えることができました。セゴビアの日本への初来
 日公演の時の写真や、4度(1929年、'59、'80、'82)の日本公演の歴史などをまとめた小冊子まで作成され、
 皆さんに配られました。そして、この日の記念写真を、後日大きなパネルにまとめ博物館館内に飾られると
 いうことです。セゴビアという偉大な音楽家が後世に残した文化と功績が、こうして今、現在の日本とスペ
 インの文化友好の絆にもなっていることの素晴らしさを実感しました。
  日本大使館のHPにも写真付レポートが掲載されましたので、是非ご覧下さい。

 
                                        MuseoSegovia © Yoko

  これとは別に、グラナダ県アルムニェカル市より、昨年の慈善演奏会への感謝の品として、国立考古学博物館
 にある紀元前2世紀半に鋳造された古代のコインのレプリカで、マグロと槍が描かれた記念メダルを贈呈いただ
 き、又ひとつ大切な想い出ができました。次回のスペイン行きは5月末から6月にかけてになりますが、今度は
 マドリッド、トレド、バルセロナ方面でのコンサートを予定しており、楽しみにしています。

  国内では、3月に平塚でのミニコンサートに久しぶりに出演します。又、4月の桜咲く頃には、スペインより
 クエンカ兄弟が来日してのコンサートを開催しますので、是非、皆様のご来場をお待ちしております。
 詳細はプリマベ―ラのコンサートご案内をご覧下さい。 

 旅のご報告と、コンサートのお誘いまで。
 ¡ Hasta luego !
                                          YOKO TAKAKI


  News :昨年、12月11日のシルバーマウンテンで開催の
      「〜魅惑のスペイン+中南米音楽の響き〜」YOKO TAKAKI ピアノリサイタル
      の時の動画がこちらの You Tube番組に公開されております。
      ♪ Amigos登録頂いている方は、当日の特製、曲目解説付のプログラムを
       特設ページよりご覧頂けますので、メッセージでパスワードをお問い合わせください。       
      (なお、I 部の終わりのイベリア2曲と、II 部のピアソラの1曲は未収録です)
 
 

▲ TOP

 
 
                                           2014.5.25


  皐月。心地よい新緑の季節となりました。
 お礼が遅くなりましたが、先月のコンサートや、クエンカ兄弟の来日公演ツアーにご来場頂いた皆様、
 誠に有り難うございました。各地で開催されたコンサート他、杉田劇場で開催された横浜公演での楽し
 いひと時はいつまでも余韻を残しています。この間、幸いなことに、ちょうど桜満開で見頃の京都を
 訪れることもできました。やはり日本の古都に咲く桜は格別ですね。
 すでに季節はずれになってしまいましたが、可憐な桜の記憶を写真アルバムや、フォトアルバムにして
 みましたので是非ご覧ください♬
 

                                          Sakura 2014 © Yoko

  さて、明日より再びスペインへ行って参ります。今回は、マドリッド、トレド近郊イジェスカス、そして
 バルセロナ近郊のジローナでコンサートです。日本スペイン交流年と同じく400周年記念のエル・グレコの
 記念コンサートもあります。その合間には、マジョルカ島も再訪しますので、陽光に溢れた写真を撮って
 この旅の様子を帰国後にお伝えできたらと思います。
 
  それではまた!
                                         YOKO TAKAKI
 

          

▲ TOP


  
                                             2014.7.7
 
   今年も七夕祭りの短柵に、たくさんの願いが綴られる季節になりました。私の星への願いは、
  戦争のない平和な世界です。小さな祈りも星の数ほど瞬けば、大きな光となるに違いありません。
  
   すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、5月末から6月にかけてのスペイン演奏ツアーは、
  素晴らしい仲間と共に、各地でのコンサートも成功裡に終えることができ、最高の旅となりました。
  特にトレド近郊のイジェスカス市での、『エル・グレコ没後400年記念コンサート』は、今回のハイ
  ライトでした。さらに、マヨルカ島の陽光溢れる風景など、各地で撮りためた写真をご覧いただき
  たく、フォト・ツアーレポートを、少しずつまとめている最中ですので、どうぞご期待ください!
  早くも後半期ですが、今月から8月にかけては、フランスとイタリアでの音楽祭に招かれて出かけて
  きます。新しい土地でのコンサートは、音楽を通してたくさんの方と出逢えるのがいつも楽しみです。
 
   その後、9月中旬には、スペイン音楽こだまの会主宰の「第22回清里スペイン音楽祭」に出演さ
  せて頂きます。全国のスペイン愛好家の皆様と友好を深めることができる、この音楽祭では、参加者
  を募集中ですので、是非、Amigosの皆さまもご参加されませんか?
   ところで、今、まさにワールドカップ開催国で注目のブラジルは、私にとって、少女時代の4年間
  を過した想い出の国なので、ブラジルの活躍にワクワクしています。(先日のマドリッドでのコンサ
  ートで最後に演奏したヴィラ=ロボスの「ブラジル魂」をどうぞお聴きください ♬ )

   それでは、また。どうぞ素敵な夏となりますように。。!
  
                                     YOKO TAKAKI
  

 
                                           Fenix 2014 © Yoko

▲ TOP


                                         2014.10.19 
   お久しぶりです!秋晴れの空が気持ちのよい季節になりました。
   前回の更新から随分と日がたってしまいましたが、皆様お元気ですか。
   7月末から8月はじめまでは、フランスのリモージュ地方、イタリアはアドリア海岸沿いの街で
  の国際音楽祭に招かれて演奏してきました。その後、イタリアの古都、シエナやボローニャも訪
  れることもでき、それぞれ初めての地でしたが、素晴らしい人々と風景に出迎えられ、幸せなひ
  とときでした。
   その後、9月中旬に開催された「第22回清里スペイン音楽祭」では、全国から集まったスペイン
  音楽を愛する皆様と共に、とても楽しい3日間を過ごすことができました。又、チリ大使館主催
  のチリ・ナショナルデー記念コンサートでは、セルバンテス文化センターにて、チリ出身のギタ
  リスト、アレキスさんと共演しましたが、改めてチリ共和国の多彩な文化に魅了された貴重な機
  会でした。

   今秋は、地元横浜のリリスホールでのコンサートを開催します。親友である名ギタリスト、マリ
  ア・エステル・グスマンさんを迎えての会は、はや来週の25日になりましたが、是非皆様のご来場
  をお待ちしております。彼女の素晴らしいギターソロはもちろん、ギターアンサンブルもあり、盛
  りだくさんのプログラムになります。ピアノソロではグラナドス、モンポウの素敵な作品を演奏す
  る予定です。今回は、マリア・エステルさんはレコーディングでの来日が目的のため、ホールでの
  コンサートは、この横浜公演のみとなります。まだ先ですが、同ホールで12月12日は、『日本・ト
  ルコ国交樹立90周年記念 アーメット・カンネジ リサイタル』を開催します。ここでは、ギター
  とピアノの作品を共演致しますが、是非、アーメット氏の名演を楽しんで頂きながら、エルトゥー
  ルル号の事件から続く両国の友情の絆を、皆様とご一緒に音楽を通じ、お祝いできることを願って
  おります。
   来月中旬からはスペインへ再び発ちますが、今年は2月、5〜6月、7〜8月、11月と4回目
  の海外渡航となります。これまでも様々な夢を、少しづつ実現させてこれたことに感謝するばかり
  ですが、又、来年に向けての新たなプロジェクトも暖めていますので、どうか応援ください♬

   Hasta luego !
  
                                     YOKO TAKAKI
  

 

                                           Firmamento2014 © Yoko


▲ TOP


  
                                            2014.12.29
 
   2014年も早いもので残り数日となりました。年の瀬は何かと慌ただしいものですが、
  皆様も今年を振り返りながら、新しい年に向けて、希望ある夢を膨らませていらっしゃること
  と思います。
   今年もたくさんのコンサートを通じて、新たな出逢いに感謝しております。ご報告が遅れまし
  たが、10月末に開催したマリア・エステルさんとのコンサート、11月のスペイン・ツアー、
  そして、12月のアーメット・カンネジ氏を招いての日本トルコ国交樹立90周年記念コンサート
  も成功裡に終えることができました。応援、ご来場頂いた皆様には心より御礼申し上げます。
  今年も素晴らしい共演者との舞台がたくさんあり、海外でも各地での舞台は、旅も含めて様々な
  想い出が蘇ります。

   いつも、ピアノを弾き続けていく中で、私が深く感じることは、心に届く美しい音楽を自らの
  魂と同化して自由に響かせる幸せと、それを舞台から届け、聴き手の皆様に共有して頂いたとき
  の喜びです。これからも研鑽を積みながら、素晴らしい音楽を皆様にお届けできることを願って
  います。
 
   来年に向けてのプロジェクトも、少しづつ準備を始めていますので、どうぞご期待ください。
  皆様もどうぞ良い年をお迎えください。
  まずは今年一年のお礼まで。

 
  Hasta luego !
  
                                     YOKO TAKAKI

              
 
                                        Entre Cielo y Luz 2014 © Yoko
     

2013年

              1月/4月7月10月12月

 

 2013 年 ¡ Feliz Año Nuevo !                           2013.1.21

 

                                                2013 © Yoko


年始はのんびりと良き日本のお正月を過ごし、すっかり更新が遅れてしまいました。
改めまして、、明けましておめでとうございます!
今年も世界の希望と平和への願いをこめ、オリジナル・カレンダー付年賀状を作成しました。
早くも2月になりますが、今年も春、夏、秋と海外公演の予定が決まり、その他新たなプロジェクトの
準備に取りかかっています。

昨年作りかけていたアルバムサイトですが、まだまだ未完成ではありますが、ご覧頂けるようにしました
ので、各地の風景、コンサートの様子などをワイドな画面でお楽しみ頂けたら嬉しいです。
  

寒い日が続きますが、お元気でお過ごしください。
皆様の新年が素晴らしいものとなることを願いつつ。。♪

                                          YOKO TAKAKI

▲ TOP

News

  🌟 新フォトアルバム サイト ~ Encanto del Piano vol.3

  ★ ようやくOpen です!時間が経ちましたが、2012年のコンサートやトルコ紀行などから順にアップする予定です。是非ご覧下さい!


▲ TOP
  

                                           2013.4.29

皆様、お久しぶりです。                               
春から夏へと陽光溢れる季節になりました。
先日帰国したばかりですが、今回はイタリアのシシリア島、スペインのアンダルシア地方を巡りながら
数回のコンサートを行いました。各地とも天候に恵まれ、大変実りの多い旅でした。
特にすでに4度目の訪問となったシシリアでは歓待され、コンサートはもちろん、素晴らしい郷土料理
と風景を堪能することができました。シシリアのシンボルであるエトナ山を遠く眺めながら、オレンジ
色の花に彩られた田園風景をひた走り、各地に残るローマ時代の遺跡を観ながら島を縦断し、憧れの
パレルモも訪ねました。ここでは世界でも3番目に大きなオペラ劇場 テアトロ・マッシモがありますが
ちょうど滞在中に、生誕200周年記念公演のベルディのオペラを鑑賞することができたのは幸運でした。

                                     Teatro Massimo © Yoko

 

その後、シシリアからローマ経由でマドリッドへ戻りましたが、トランクが紛失!航空会社の手配で、
3日後、次の行程のホテルまで何とか無事に届きました。翌日からアンダルシアでコンサートが続いて
いたため、内心焦りましたが、とりいそぎ街でコンサート用の衣装を見つけたのも嬉しく、逆に道中
重い荷物を持たずに身軽に移動できて助かりました。海外でのこうしたハプニングは度々あることですが、
これも旅の醍醐味と、今では鷹揚に構えるようになったように思います。今回、スペインでのコンサートは
昨年共演したギタリストの渋谷環さんともご一緒でき、とても楽しいツアーとなりました。
又、近いうちに撮りためた写真をアルバムにてお目にかけたいと思います。

来月5月は北海道でのコンサート、又、東京で手塚健旨さんのギターリサイタルがあり、私も演奏致します。
是非お近くの方はご来場下さい。そして、再来月はスペイン、べネチア経由でクロアチアへと旅を続けます。
日西400周年記念事業のコンサートが、6月16日にマドリッドのアテネオ劇場で行われますが、秋には
マリア・エステルさんを迎えて横浜でもコンサートを開催します。
こちらも、詳細が決まりましたら、コンサート情報に随時ご案内しますので、どうぞご期待ください。

それでは、皆様もどうぞお元気でお過ごしください。
近況までに旅のご報告でした。                           YOKO TAKAKI
                                   

            

                                                          

 

▲ TOP


                                          2013.7.20

暑中お見舞い申し上げます。

早いもので今年も夏真っ盛りとなりました。暑い日が続きますが皆様お変わりありませんか。
おかげさまで、私は6月もスペインへ、そしてクロアチアへと2週間に渡って演奏旅行に行って参りま
した。今回のスペインでは、連日連夜、列車やバスの移動とコンサートが続いたこともあり、かなり
体力的にハードなものでしたが、それはとても楽しく充実感に溢れた日々でした。この時期のスペイン
は、夜10時くらいまで空が明るいため、朝から夜までの間が長く、1日がゆっくり感じられます。
ですから通常、コンサートの開演時間は夜の8時か9時と遅く、終演後は必ず主催者や仲間との打ち上げ
がつきものですので、それが終わると夜中の12時過ぎとなります。それでも毎回元気でやってこれるのは
現地の美味しい食事を楽しんで、しっかりスタミナをつけ、さらに余裕がある時は現地時間のシエスタ
(お昼寝)をとることが秘訣かもしれません。
スペイン最終日には、マドリッドで日本スペイン交流400周年記念としてのアテネオ劇場でのコンサート
での演奏も全て成功裡に終えることができました。その後のクロアチアでは、高台にある教会広場での
野外コンサートもありましたが、美しい月の光に照らされた会場のその穏やかな雰囲気はいつまでも心に
残る想い出です。帰国時はちょうどスーパームーンの翌日で、べネチアからのフライトではさらに神秘的
に輝く月を間近に、右手の窓からずっと眺めることができました。

                                        Luna © Yoko


こうした今までの各地でのコンサートでの様子は、フォトアルバムvol.2に加え、2月に開設した新しい
フォトアルバムのサイトで色々とご紹介しております。(昨年2月のトルコ・ツアーのレポートページ
昨年から今年にかけては、撮りためた写真と想い出が次々に積み重なり、なかなか更新が追いつきません
が、それでも、この「ピアノの魅惑」を何度もご訪問くださる音楽愛好家の方の中には、時々応援メッセ
ージや、CDや著書「スペインの風景」への嬉しいご感想をお寄せくださり、感謝するばかりです。


実は先月スペインにいる間に、サイトトップに表示されている音符カウンターがファンファーレのように
と ♪ が5つ並んでいるのに気付きました。このサイトを始めた当初の2007年に、地道に01から
スタートしていますので、この間に皆さまの少しづつのアクセスと共に偶然のメロディを作り出している
わけです。ただいま、このような長年の感謝をこめ、新しいフォトレポートを書いています。
昨年4月から今年の6月まで行った演奏ツアーでの写真で、少しでもその時々の雰囲気をお伝えできれば
と思います。(完成次第、こちらへUPしますので、今しばらくお待ちください!)

国内では、この秋10月中旬に来日する名ギタリスト、マリア・エステルさんと共演するコンサートや、
ピアノリサイタルの開催も12月11日に決まりました。詳細は後日コンサート情報へお知らせしますが、
特別なものにしたいと思っております。どうぞ皆様のご来場をお待ちしております。

まだまだ暑さ厳しい夏は続きそうですので、どうぞご自愛ください。
それでは、また!
Hasta luego !          
                                       YOKO TAKAKI

 

 

▲ TOP

                                          2013.10.19

 

 早いもので10月。気持ちの良い秋晴れの空に、突然の台風到来が心配なシーズンでもありますが、
先週を始め、明日から続く一連のコンサートを楽しみにしています。日程の詳細は、コンサート情報
に、時々更新しておりますが、特に20日の横浜公演は、日本スペイン交流400周年記念として、
「ギターの女王」マリア・エステルさんをお迎えし、充実のプログラムでお楽しみ頂ける会となります。
 ギターアンサンブル「カンパニージャ」の演奏をはじめ、私もピアノソロでは、アルベニスの傑作で
ある、組曲『イベリア』より「エボカシオン」、「エル・プエルト」や「入り江のざわめき」を、マリ
ア・エステルさんのギターとピアノで「アランフェス協奏曲」のアダージョやソレールのソナタなどを
演奏します。その後もマリア・エステルさんの演奏を聴けるチャンスはこちらのように続きますので、
是非お近くの方はご来場ください。

 11月には再びスペインとトルコを訪れての演奏会が待っています。マドリッドとイスタンブールは、
東京とオリンピック候補地として競いあった都市ですが、その歴史ある美しい街の魅力の尽きることは
ありません。そして例年、この時期に開催されるリナーレス市のアンドレス・セゴビア博物館でのコン
サートや国際ギターコンクールでの仕事に加え、隣町の美しい世界遺産の街ウベダ市での、ピアノリサ
イタルを予定しています。


                                         Ubeda © Yoko

 この写真は今年4月に訪れた時、撮影したウベダの街のバスケス・デ・モリーナ広場のエル・ サルバ
ドル聖堂と、左の司教長オルテガの館(現在はパラドール)ですが、濃紺の空を背景に浮かび上がる様
は、そのまま中世の世界にいるかのように幻想的な光景でした。
 この旅の帰国後、12月11日(水)には日本でも、ピアノリサイタルを予定しています。
「〜 魅惑のスペイン + 中南米音楽への誘い 〜」とタイトルを付けたように、スペインの名曲やギター
の作品、南米の楽しい曲も含め、想いをこめて組んだプログラムをお届けしますので、是非、皆様の
ご来場を心よりお待ちしております。このコンサートの詳細・ご予約はこちらをご覧下さい。


 芸術の秋、会場でお会いできるのを楽しみにしております。
                                         YOKO TAKAKI

 

 

  ▲ TOP



                                         2013.12.30

 今年も残り2日となり、2014年も目前となりました。
 前回のメッセージからたった2ヶ月半ですが、この間、10月20日の横浜公演ほか、各地でのマ
リア・エステルさんとのコンサートを終えたあと、11月はトルコとスペインへの演奏旅行で各地を
巡り、帰国後の12月11日のピアノリサイタル「〜 魅惑のスペイン + 中南米音楽への誘い 〜」と
たくさん演奏の機会に恵まれ、実り多きものとなりました。又、来年へ向けて新たな夢を膨らませて
いますが、私の演奏活動をいつも支えてくれている音楽仲間、家族、そして応援してくださる皆様に
深く感謝し、さらに精進を重ねて、音楽の感動を多くの皆様と分かち合えることを願っています。
 

 夏頃のメッセージで、近々旅のフォトレポートをアップと書きながら、なかなか時間が充てられず
年内に完成できなかったのが残念ですが、鋭意作成中ですので、どうか気長に更新をお待ちください。


                                                Fujisan © Yoko

 
 それでは、皆様、良き年末をお過ごしください。
 感謝をこめて。


                                         YOKO TAKAKI

 


 

2012年

            

                                                 1月/8月10月12月

          

 2012年 ¡ Feliz Año Nuevo ! 明けましておめでとうございます                2012.1.1元旦

                                                2012 © Yoko


新たな年、2012年を迎えました。
今年は世界が平穏であり、誰もが音楽と喜びに溢れた1年あることを心より祈ります。

 
2007年に開設して以来、だんだんと膨らんできたこのホームページですが、この度デザインリニューアルしました。
コンパクトな本サイトでは載せきれない趣味の写真や旅のレポートなどは、Vol.2 サイトと連動しています。
サイトマップも作成しましたので、どうぞ探索してみてください。
更新はマイペースですが、色々な「ピアノの魅惑」をお伝えしていきます♪

   

今年は2月〜3月にトルコへ、4月〜5月の恒例のスペイン・コンサートツアーもあり、マドリッドではソロリサ
イタルが予定されているので、体調を整え、より充実したプログラムで臨んでいきたいと思います。
又、4、6月は横浜でのコンサート開催に向けて、準備中です。
今年も皆様、どうぞ宜しくお願いします!

 

 News


 

   ★ 「クラベリートス」「天使のミロンガ」等のCDは、 山野楽器銀座店などの
     クラシックコーナーにてお求め頂けます。

   ★ 兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、定期公演プログラムの「おとかたり」コーナーに、
     マヌエル・デ・ファリャについて書かせて頂きました。
      

         (兵庫芸術文化センター管弦楽団演奏会プログラム
         ー2011年9月バックナンバーより一部転載させて頂きました。Clicで拡大します。)

   ★ ブログ「 Tesoro del Piano」に収録曲を紹介中!「コルドバ」をUPしています。

   ★ 今年も年賀状は上のカレンダー付オリジナルをお届けしました。まだ少し残っていますのでご希望の方には
     お送りします。どうぞメッセージください。

 

▲ TOP

 

 残暑お見舞い申し上げます。                           2012.8.22 

 

早いもので今年も半年が過ぎました。

日々の忙しさにまぎれて今まで更新が遅れ、いつまでもお正月のメッセージのまま、失礼しておりました。この間にはトルコ、スペインでの演奏ツアーもあり、各地でのコンサートでは、多くの皆様と新たな出逢いがありました。その中でもマドリッドのアテネオ劇場で開催された4月22日のピアノリサイタルでの舞台は格別で、私にとって生涯忘れられないものになりました。又、6月13日にはスズキ・メソード(公益社団法人)才能教育研究会の全国指導者研究会にて、浜松アクトシティ中ホールでスペイン音楽をテーマにしたレクチャーコンサートをさせて頂きましたが、全国からいらした先生方と交流を持つことができたことを大変嬉しく思っています。その他、各地で演奏を聴いて下さった皆様、応援して下さった方々へ改めてお礼申し上げます。

 

只今、これまでの旅で撮りためた旅先の風景とコンサートの様子を、アルバムサイトでご覧頂けるよう準備してます。

後半期も、新たな出逢いを楽しみに、より心に響く音楽を奏でていきたいと思います。                        

どうぞ皆様も残り少ない夏をお元気でお過ごしください。               YOKO TAKAKI

        

News 


 ★ 2012年 フォトアルバムにて旅先の色んな風景をお楽しみいただけるよう、準備中です ★

        (UPするには、もう少し時間がかかりそうですが、お待ちください ♫)    

        

 

 ★ 財団法人「ロングスティ財団」の季刊誌「LONGSTAY」2012夏号のコーナー

   「My Longstay」コーナーに執筆させて頂きました。

     *こちらより記事をPDFにてお読み頂けます。

  

 

▲ TOP

 

 秋の季節                                  2012.10.11 

 

過ごしやすい秋の季節になりました。皆様、いかがお過ごしですか。

雲一つない秋晴れの日は、心まで晴れ晴れして深呼吸したくなります。

明日12日はGGサロン・コンサートになります。札幌在住のギタリスト、渋谷環さんとの初ジョイントです。
環さんのギターソロはもちろん、私も後半にアルベニス、グラナドスの作品の他、ターレガ、バリオス、ラウロの美しいギターの作品をピアノ編で演奏致します。そして、ギターとピアノのデュオとバラエティに富んだプログラムです。
皆様のご来場をお待ちしております。

[ ↑ご来場の皆様、有り難うございました!(10/27追記)]


そして、今月末より再びスペインを訪れてのコンサートが続きます。

今回はマドリッド〜アンダルシア方面が中心になりますが、各地を巡っての演奏と旅を楽しんできたいと思います。

前回お知らせしていたアルバムサイトは、今回には間に合いませんでしたが、近日中にUPする予定です。

今までのアルバムページよりも、ダイナミックに写真が画面一杯に映し出されてご覧頂けます。

少しづつ更新していきたいと思いますので、時々ご訪問頂けたら嬉しいです。

 

それでは、また。

Hasta luego !

 

                                         YOKO TAKAKI        

 

 

▲ TOP

                                       2012.12.3 

 

早いもので師走となりました。寒さ厳しい日が続いてますが、皆様お元気ですか。

10月末よりスペインを訪れ、約4週間の滞在をしてきました。 

カナリア諸島への友人を訪ねての旅や、各地でのコンサート秘話など、お土産話が山ほどあります。      

それはいずれ記憶が薄れないうちに、撮りためた写真と共にフォト・レポートしたいと思います。 

 

                                              Aurora©Yoko

Aurora : 満天の星々と幻想的なオーロラの共演(飛行機の窓より)

 

それでは皆様、素敵なクリスマスと輝かしい新年をお迎えください✨ 

 

                                         YOKO TAKAKI

 

 

▲ TOP     

 


2011年

                   1月/3月6月7月

 

 

 2011年 Happy New Year ! 明けましておめでとうございます           2011.1.7

 

 2010年から2011年へ。。新たな年を迎えました。
 早くも松の内を過ぎようとしていますが、今年のお正月は心穏やかにゆっくりと過ごし、元旦から
 ピアノに向かうことができました。これからの演奏会へ向けて、さらなるレパートリーを開拓して
 います。このHPを開設してから、はや4年目に入ります。のんびり更新ながら、本サイトからフォト
 アルバムが拡大しすぎてvol.2まで連動していますが、今ではこのHP製作も楽しみのひとつです。
 本年もどうぞよろしくお願い致します!

 

 昨年11月のスペインツアーレポートは、あと少しで完成するところまできましたので、今しばらく
 お待ちください ♪
 本年も皆様にとって、佳き年で年ありますよう心よりお祈り申し上げます。
 
 まずは新年のご挨拶まで。

 

 

▲ TOP


                                           2011.3.30


 随分とご無沙汰してしまいました。おかげさまで私は元気にしております。
 実は3月初めにHPの更新をやりかけていたところに、今回の大震災が起こってしまいました。
 あの日、地震が起きたとき、私は翌日のコンサートのためのリハーサルをしていました。
 地震、停電、津波、原発、次々と報道される信じがたい映像に現実とは思えないことばかり。。。
 あの日からようやく少しづつではありますが、復興の萌しが見えながらも、被災を受けられた各地の
 皆様には今だ大変な状況であられることに胸が痛む毎日です。

 今までの生活が一変するほどの地震や津波の猛威の前に、人間はなすすべもありませんが皆が力を
 合わせ、一日も早い復興を目指すしかありません。 今まで、水、電気、食べ物などを当たり前に享受
 していた日常の有り難さを痛感すると共に、このような時にこそ人と人との絆を大切に、そして心の
 癒しとなる芸術や音楽の力を忘れることなくいたいと感じます。

  

 5月末に予定していたコンサートを、改めて震災チャリティコンサートとして、開催することにしました。
 また、ようやく完成し、先日発売となりましたCD「クラべリートス」を通じても、わずかながらでは
 ありますが震災支援をしていく所存です。たくさんの想いをこめたCDを、多くの方に聴いて頂けますことを
 心より願っております。

  

 今回、ホームページを一部リニューアルし、CD製作にあたって撮影して頂いたプロフィール写真に
 差替えました。新たな気持ちで、また今後も演奏活動を続けていきたいと思いますので、どうぞ宜しく
 お願い致します。
  
 春ももうじきやってきます。
 どうぞ皆様、お元気でお過ごしください。

 

▲ TOP


                                           2011.6.8


 

 

 天候不順の日が続いていますが、皆様、お元気でいらっしゃいますか。
 先日5月29日の杉田劇場のコンサートにはおいで頂きまして有り難うございました。
 スペインから来日されたマリア・エステルさんを迎えての楽しいコンサートで皆様とご一緒
 できたことをとても嬉しく思っています。おかげさまで、僅かではありますが、チャリティ・コンサート
 として、その収益を義援金とすることができました。この大変な中、来日して下さったマリア・エステル
 さんはもちろん、ご協力頂いた杉田劇場の皆様、アンサンブル・カンパニージャの皆さま、そしてご来場
 の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

 さて、4月中旬から5月はじめにかけて、イタリアとスペインで演奏ツアーを行って参りました。
 いつものように、ギタリストの手塚さん、マリア・エステルさんと共に、ソロ、デュオ、トリオの多彩な
 プログラムを披露してきました。

 今回は、日本の大震災に対して、多くの方々から心配と励ましの言葉を頂き、いくつかのコンサートでは、
 「HOMENAJE A LAS VÍCTIMAS DEL TERREMOTO DE JAPÓN」(日本の地震の犠牲者への追悼)
 とタイトルを銘打たれました。中でもセビーリャ近郊の町、コリア・デル・リオは、仙台市と姉妹都市を
 結んでいることから、大変な歓迎を受けその印象深さが今も心に残っております。ここは、約400年前に
 スペインに渡った支倉常長一行が辿り着いた町であることから、その末裔の方々で、ハポン(日本)姓を
 持つ方が今も600人ほど生活しているのです。
 来月号の「現代ギター」誌の震災チャリティコンサートの特集にて、このコンサートのレポートが紹介
 される予定ですので、是非ご覧下さい。

  

 先日のコンサートの様子と旅の写真をムービーにしました。BGMは、一番始めの頃のリサイタルのライブ
 録音から、私の大好きな曲、ファリャの「ノクターン」、ファーストアルバムのCD『スペイン音楽紀行』
 に収録した1曲目です。感謝をこめて。。♪

 

  

         

 3月末に発売以降、CD「クラベリートス」を多くの方にお届けさせて頂きました。
 今まで愛奏してきた、アルベニスやギターの作品を、こうしてひとつのアルバムにまとめることができたことに
 大きな喜びを感じています。
 どうぞ、著書「スペインの風景」と共にお楽しみ頂けることを願っています。

 このCDに収録した曲の楽譜情報などを、不定期ブログ「Tesoro del Piano」でご紹介していきます。
 「グラナダ」「詩的なワルツ集」「アラビア風奇想曲」に加え、今回は「オリエンタル」をアップしました 。
 是非、又これをご読み頂きながらCDを聴いて下されば嬉しいです。

 

▲ TOP

 

2011.7.23

 

  本格的な夏の季節となりました。皆様、お変わりありませんか?
  さて、下記のお知らせついでに、サイト更新を行ないました。もう少し時間がかかりますが、このメッセージ欄
  なども、もう少し大きな字で読みやすいようになるように、レイアウトチェンジしてみるつもりです。
  ご期待下さい!
 
 (今更ですが、WindowsのInternet Explorer (バージョン 6 以前) で、この欄をご覧の場合、改行に
  バグが出て、バラバラになっていて見づらいかもしれません。Macで製作しているため、Safari、Firefox、
  Google Chrome、Operaには対応しています。)


  お知らせ 


 
 
  いくつかの雑誌にCD「クラベリートス」が紹介されました。詳しくは、CD紹介ページにありますが
  レコード芸術誌の8月号では、「準特選盤」としてご高評頂くことができました。又「現代ギター」
  誌7月号では、震災チャリティコンサートの特集にて、スペインツアーでのレポートが紹介され、
  8月号には5月末のコンサートのフォト・レポートが掲載されています。
  どうぞ、ご覧頂けますと嬉しいです。

  


  この夏は、ゆっくりと次のコンサートに向けて新たなプログラムを構成し、プランを練っていきます。
  そのうち、こちらに順次お知らせしていきますので、時々ご訪問頂けますように。。!
  まだまだ猛暑日が続きそうですので、お身体にはどうか気を付けてお過ごしください。

 

 

2010年

        

                                          1月/3月4月6月10月12月

2010.1.3

  Feliz Ano Nuevo 2010 ! 明けましておめでとうございます
 
   

  新しい年が幕開けしましたが、皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?
 
  去る12月は、クリスマスの時期を、久しぶりにスペインで過ごしました。イルミネーションで飾られていた街中は、
  どこも美しく、素敵な旅となりました。

 
  何より、著書『スペインの風景』を持ちながらの旅ができて、感慨深いものでした。
  スペインの親しい友人達には、この本をプレゼントし、完成報告をすることもできました。

  今までの演奏活動を通して得ることのできた、様々な出逢いに感謝し、また新たな夢を膨らませているところです。
 
  さて、今年の予定トピックスは。。

  『スペインの風景』スペシャル・サイト開設予定。只今、鋭意製作中!今しばらくお待ち下さい!
   愛読者の方へのプレゼントなど。。ご期待を♪ 

  2月末から3月上旬~フランス(パリ)、スペイン(マドリッド、セビーリャ、ハエン、他)でのコンサート旅行

  3月下旬~4月上旬に、クエンカ・デュオが来日し、各地で演奏(横浜では4月1日に杉田劇場にて開催)

  8月頃にCD録音、秋には記念リサイタルを予定

  11月には、スペインでのコンサート日程に合わせて

    ~ピアニスト高木洋子と訪れる魅惑の旅~
   『スペインの風景』ツアー(11/13 ~23)を催行!

  (少しづつ、上記の詳細はこのNews&Message欄でお知らせしていきます。)

  その他、本年度も洗足学園音楽大学院でのギター科の「コンチェルト講座」も引き続き担当し、ご希望の方に
  スペイン音楽、ピアノのマスタークラスなども行なっています。


  一年365日というのはとても短いので、一日一日を大切に、練習を怠らず、コンサートでは音楽に没頭し、旅では
  美味しいものを堪能し、今年もMyカメラにそんな楽しい時間を残しながら『ピアノの魅惑』を追求していきます!
 
  2010年が皆様にとって、幸せな一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます!

 

▲ TOP

 

2010.3.24

 

  メッセージ更新が遅くなりましたが、おかげ様で2月下旬から訪れていた、スペインとパリでのトリオ・コンサー
  トツアーより無事帰国しております。各地で撮った写真と合わせて、演奏会の様子や旅の出来事などをトラベル・
  レポートにしましたので、是非ご覧ください!

 

  

  Paris エッフェル塔

  

  早くも桜の開花が楽しみな頃となり、いよいよクエンカ兄弟の来日ツアーも25日よりスタートとなります。
  皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
  → 横浜 4/1 コンサート詳細

 

▲ TOP

 

2010.4.15

 

 

  4月1日の杉田劇場で行なった「クエンカ兄弟と仲間達」コンサートにご来場頂いた皆様、誠にありがとう

  ございました。

  桜の季節にぴったりだった「日本舞曲 桜」、オリジナルの新作「アンスル」他、クエンカさん達の素晴らしい

  演奏は各地で絶賛を浴びました。コンサート、CDのご感想など、是非こちらまでお寄せ頂ければ幸いです。


  

  来月はイタリアのギタリスト、クリスティアン氏が来日し、北海道のコンサートツアーで共演します。
  
  洞爺湖畔にある素晴らしいホテルでのイベント他、室蘭工大でのコンサートと、今から楽しみです。
  また、新作CDのレコーディングと秋のソロリサイタルの準備も少しづつ進めていますので、また詳細が決まり
  ましたら、こちらでお知らせします。
  皆様もお元気で素敵な春の季節をお過ごし下さい!
  
 
  久しぶりにブログの『Tesoro del Piano』に「詩的なワルツ集」を1曲紹介。
  ピアノ・コレクションにパリのお土産の可愛いピアノを追加しましたのでどうぞご覧ください!

 

▲ TOP

 

2010.6.17

 

 

 

  2ヶ月振りのサイト更新となってしまいました。
  新緑の季節から梅雨へと移り変わり、本格的な夏も間近ですが、皆様いかがお過ごしですか?

 

   
  先月末は、桜咲く北海道の洞爺湖、室蘭を訪れました。イタリアのクリスティアン氏や、ギターアンサンブルの
  皆さんと大勢で周り、とても楽しいツアーとなりました。コンサートでは、ギターの名曲である、バリオスの
  『大聖堂』のピアノ編を試演しギター愛好家の皆さんにも好評を頂きました。
  秋のリサイタルやコンサートでは、多くの方に聴いて頂けるよう、仕上げにかかっています。

 
  北海道コンサートフォトアルバム
   

  参加者のために作成したアルバムをミニサイズのスライドショーでご覧下さい!
  
  さて、7月10日(土)はNewCD『ギフト』をリリースされ、益々ご活躍の宮下祥子さんとのコンサートが千葉で
  開催されます。ここでは再びアランフェス協奏曲を共演、ソロでも1曲『グラナダ』演奏致します。
  お近くの方は是非、ご来場ください。

  まだ少し先ですが、芸術の秋には下記のコンサートの開催が決まりましたのでお知らせします!
  

  -10月22日(金)横浜市栄区民文化センターリリス
  -10月27日(水)大田区民会館・アプリコ小ホール
  -11月 3日(水・祝)大田区民プラザ 小ホール
  

  以降、イベントが続きますが、それぞれ、ピアノリサイタル、トリオコンサート、ジョイントコンサートなど、
  内容が異なりますので、是非お楽しみ頂けることを願っています。
  詳細はコンサート情報をご覧下さい。
  
  特に、22日の横浜での久しぶりのリサイタルは、著書『スペインの風景』発売記念として、想いをこめたものに
  したいと準備にかかっています。
  特別ゲストにはマリア・エステルさんも迎えてのコンサートですので、多くの方にご来場頂けますと幸いです。
  それでは、また!

 「Pajaros」他、フォトアルバムを更新しました。可愛い小鳥達や美しい景色をお楽しみ下さい。

 

 

▲ TOP

 

2010.10.20

 

 芸術の秋になりました 
  
 前回のお知らせより、すっかり日にちがたってしまいました。今年も夏から秋にかけ、レコーディングや韓国での
 演奏なども行い、今週から始まるの一連のコンサートの準備とともに、元気に過ごしております。
 
 22日のリサイタルをはじめ、各地でのコンサート会場で、皆さまとお会いでき、聴いて頂けるのがとても楽しみです!
 是非、お誘い合わせの上、ご来場ください。

 

  22日にご来場の方にお配りする特製プログラムとBOOK「スペインの風景」です。
     

  
    Book「スペインの風景」と特製プログラム

  又、22日の会場にてBOOK「スペインの風景」をお求めの方には、先着でスペインの可愛い小皿をプレゼントします。
  この機会に、すでに愛読してくださっている方も、是非ご友人などにご紹介ください。
  益々、スペイン音楽の輪が広がりますように。。!  

 

 ♪ この間に初めて韓国でのコンサートに行って参りました。
  主催してくださった、韓国在住の友人ギタリスト清水さん、そして教室の皆様の皆様の暖かい歓待を受け、近くて
  遠かった韓国が身近に感じられるようになりました。
  今後、アジア方面でもコンサートの機会が増えそうで楽しみです。

 

    


 ♪ CD「クラベリートス」(スペイン語:意味カーネーション)のレコーディングは夏の終わりに無事終えました。
  発売に向けて一歩づつ、プロジェクトを進めております。又、詳細は後日お知らせしますが、素敵な曲ばかりの
  アルバムになりますので、どうかご期待ください!


 

  ★ 10月22日 ピアノリサイタル  終演  御礼申し上げます 
  
      
  

 おかげさまで、皆様の暖かい拍手に包まれ、心に残る会となりました。
 ご来場くださった多くの皆様、関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。
 又、改めてコンサ-トの様子をお伝えしたいと思いますが、とりいそぎお礼まで。

 この後もコンサートが続きますので、また楽しいひとときをご一緒できますように!

                                    (10月24日追記 YOKO)

 

▲ TOP

 

2010.12.15

 

 

 

  今年も早12月に入り残りわずかの日々となりましたが、皆様いかがお過ごしですか?
  HPのメッセージ更新がすっかり遅れてしまいましたが、各地でのコンサートにご来場くださった皆様には改めて
  厚く御礼申し上げます。10月22日のリサイタルをはじめ、各地での演奏会は大変楽しいもので、忘れがたいひととき
  として今も心に蘇ります。
  その後、慌ただしく、スペインでの演奏旅行に出かけ、無事11月末日に帰国しました。
 
  今回の旅は、総勢20名ものツアーで、各地でのコンサートは勿論、観光もたっぷりと楽しみ、美味しい食事と
  ワインを重ねる毎日で、にぎやかな行程はとても充実していました。マドリッドの由緒あるアテネオ劇場でのコン
  サートは一際、素晴らしい雰囲気で、現地の皆さんで満場となった会場から盛大な拍手を送られ、大成功でした。
  その後、セビーリャでの音楽院コンサートに引き続き、リナーレスでのアンドレス・セゴビア博物館で行われた
  音楽祭に出演。
  
  それからイタリアは水の都ベネチアやローマを訪れ、アドリア海に面した街オルトナで開催された国際音楽フェス
  ティバルでもコンクール審査員を務め、その間大勢の方々と一緒に過ごした4日間は実に楽しいものでした。
  旅の中で撮りためた写真と共に旅のフォトレポートを作成中でしすので、どうぞご期待ください。

  (→ツアーレポートUP中!)


        

   

  まずは、旅のご報告まで。
  どうぞお元気で、素敵なクリスマスをお迎えになりますように。。

 

 

▲ TOP

 

2007年/2008年2009年

    

                            First/3月4月5月6月7月8月10月12月

 

 
                                         2007.2.21

ごあいさつ

 ようやくホームページをOpenすることができました。私が演奏活動を始めてから、約10年になります。

 これまでのコンサート歴を振り返ってみますと、実に多くの場所で演奏したことに我ながら驚いています。

 それと同時に、多くの方との素敵な出会いと応援を頂いたことに心から感謝しております。

 これからも大好きなピアノ演奏を通じて、皆様の心に残るような音楽をお届けできるよう、ずっと弾き続けて

 いきたいです。

 皆さまと、コンサート会場やどこかでお会いできることを、心から願っています。

                  

                                           高木洋子

 


                                          2007.3.27

 

 ブログ「Tesoro del Piano」記事更新しました。

 名曲「アランフェス協奏曲」について詳しく書いてみました。ご覧頂ければ嬉しいです。
 又、コンサート情報も順次、詳細アップしますので、今しばらくお待ちさい。

 


                                           2007.4.1

 

 コンサートの準備とともに、このサイトも少しづつ充実させていきたいと思いますので、どうぞご期待
 ください。

 


                                          2007.5.15

 

 春のイタリア・スペインでのコンサートツアーより帰国しました。
 ひき続き、北海道、銀座、横浜など各地でコンサートを行います。皆様のご来場、心よりお待ちしております

 

 
                                          2007.5.31

 

 各地でのギター&ピアノの一連のコンサートが無事、終了しました。どのコンサートも印象に残る、
 素晴らしい会でした。応援頂いた皆様に、心からお礼申し上げます。
 次回のコンサートは、メゾソプラノ歌手の石井美榮子さんと初共演の舞台です。
 そのほか、ピアノソロもプログラム半分はお聴き頂けますので、どうぞご期待ください。
 6月15日(金)かなっくホールにて、皆様のご来場を楽しみにお待ちしております。     

 

▲ TOP


                                          2007.6.13

 

 ブログ [ Tesoro del Piano] 記事更新しました。
 6月15日コンサートで演奏する「朱色の塔の陰にて」「ロシオ祭の行列」について詳しく書いてみました。

 ぜひご一読下さい♪

 

 
                                          2007.6.27

 

 各地で行なった初夏のコンサートには、多くの方々にご来場頂き、愉しい音楽のひとときを過ごすこと
 ができ、幸せに思います。有難うございました。
 明日よりドイツ&スイスを回りますが、こちらはプライベート旅で、演奏は少しとバカンスです。
 また、帰国後には夏以降の演奏会予定をご案内致しますので、またどうぞご訪問ください。
 先日のライブ録音と私が撮影した写真を合わせてオリジナル・フォトシネマを作製しました。
 私の大好きな曲『グラナダ』をお楽しみ頂ければ嬉しいです。  

 


                                          2007.7.19

 

 早いもので今年も残り半分となりました。
 後半期も、コンサートを各地で予定しております。
 初秋の9月、10月には、素晴らしい共演者との舞台がありますので、どうぞご期待ください。
 コンサート情報に順次掲載していきますので、どうぞご覧下さい。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

▲ TOP


                                          2007.8.27

 

 暑い日が続いておりますが、皆様お元気でいらっしゃいますか?八月も残り僅か、コンサートも間もな
 くです。会場でお会いできるのを楽しみにしております。
 フォトアルバムにピアノ・コレクションを追加しましたので、どうぞご覧下さい♪

 


                                          2007.10.4

 

 

 秋のコンサート・シーズンとなり、たくさんの音楽会が各地で行なわれています。
 6日(土)杉田劇場でのコンサートもまじかとなりました。
 全国ツアーで大好評のマリア・エステルさんのギターで本物のスペイン音楽を。
 そして私とのデュオで、ギター&ピアノの響きをお楽しみ下さい。
 会場では、ついにDVD「レイエンダ~伝説~」も先行発売される予定です!
 皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

 
                                         2007.10.12

 

 6日(土)杉田劇場でのコンサートにご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました!
 後半プログラムのギター&ピアノデュオで演奏したのは、グラナダ、コルドバ、セビーリャ、アランブ
 ラの想い出、そしてアランフェス協奏曲の第2楽章、アンコールはエル・ビート。マリア・エステルさん
 の美しいギターとピアノが響きあい、共鳴しあう幸せなひとときでした。
 マリア・エステルさんへの伝言、コンサートのご感想を、是非、メッセージください☆

 引き続き、19、21日に、コンサートを予定しています♪コンサート情報をご覧下さい☆

 

 

▲ TOP


                                        2007.10.28

 

 19、21日の素晴らしい会を主催してくださった、日野朝日会、平塚ラスカの皆様、そして、ご来場頂
 いた皆様へ心よりお礼申し上げます。
 この後は、しばらくの充電期間をおき、また新たなプログラムでのソロリサイタル、CD録音などを
 予定しています。マリア・エステルさんとのDVD「レイエンダ」も発売されました。ギターとピアノを
 映像と音にてお楽しみ頂ければと願っております。
 今年のコンサート写真よりセレクトして、フォトアルバムを作製、その他も一部更新しましたので
 ご覧ください。

 


                                         2007.12.15

 

 早いもので12月も半ばとなりました。
 サイト更新も久しぶりになりますが、今回は少しづつ準備しておりました、新たなフォトアルバム
 サイトをお知らせします。こちらには、今まで詳細をはぶいていたCDのページとゲストブックを追加。
 (ゲストブックは都合により閉じました。今までコメントを寄せて下さった皆様、有り難うございました。
 2013追記)写真は、私が旅先で出逢った風景を中心に、色々まとめています。本サイトと連動してお楽
 しみ頂けますように!
 

 又、トップページの入口はピアノの鍵穴をクリックして入って頂くのですが、なかなか分かりづらかった
 とのアドバイスを受け、改良してみました。マウスを動かすとキラキラ光るのでお試し下さい。

 さて、来年には、私のソロピアノCD録音の企画が決まりました。詳細発表はまだ先となりますが、私に
 とってもスペシャルな新譜となる予定ですので、どうぞご期待下さい。
 
 追伸:ご報告が遅れましたが、10月の「はまかぜ読者プレゼント」企画のDVDプレゼントには、多くの
 ご応募頂き、誠に有難うございました。抽選で当選されたS様、M様におめでとうございます。
 
 → DVDの詳細は、こちら
 → マリア・エステルさんのインタビューの画像が近々公開される予定です。お楽しみに!



2008年

 

                      1月/2月4月5月6月7月8月10月12月12月末


                                       2008.1.1元旦

 

 明けましておめでとうございます!
  
 2008年もついにスタートしました。
 皆様にとって、素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
  
 「ピアノの魅惑」サイトもより充実させていきたいと思います。どうぞご贔屓に!
 今年もコンサートでお会いできますように。

 

▲ TOP


                                          2008.2.26

 

 まもなく3月ですね。暖かい春が待ち遠しい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  
 さて、久しぶりのホームページの更新となりますが、今回はブログやCD「天使のミロンガ」についての
 メッセージフォトアルバムなども増やしました。
  
 まずコンサートの方ですが、3月19、20日、世界的に絶賛を浴びているクエンカ兄弟の2年振りの来日
 公演で私も共演します。
 
 以前ご報告しました、次のCD録音の内容がほぼ固まりました。このアルバムは作曲家の井上勝仁さんが
 ピアノソロ用にアレンジした「くるみ割人形」の組曲と、私の大好きな中南米音楽によるものです。
 曲の仕上げに向け、日夜練習に励んでおります。
 
 それでは、コンサート会場にてお目にかかれるのを楽しみにしています。

 

▲ TOP


                                          2008.4.22

 さて私、明日スペインへ旅立ちます。
 今回はスペインを中心にフランス、イタリアと巡り、多くのコンサートを行いますが、新しい土地の風景、
 様々な人達との出逢いなど、今から心待ちにしています。

 帰国後には、それらを含め、フォトアルバムにて旅の写真を掲載しますので、またホームページへの再訪
 をお待ちしております。

 それから帰国後の6月7日(土)には、人気ギタリストの荘村清志さんとのコンサートがあります。
 「アランフェス協奏曲」と「ある貴紳のための幻想曲」というギターコンチェルトの中の最もポピュラー
 な2曲を演奏しますので、お楽しみ頂けると思います。

 それでは、皆様お元気で!

 

▲ TOP


                                          2008.5.31

 

 毎年恒例の、ゴールデンウィークの時期の海外コンサートツアーを終えて、日本に戻ったところです。
 約1ヶ月に渡る今回の公演は、好天気続きの気候と相まって、とても快適なものでした。
 前半はクエンカ兄弟がアレンジしてくれたアンダルシア地方のステージで、ちょうど十字架祭りなどと、
 時期が重なったため町中が美しく飾られていて、演奏と観光の2つが楽しみもありました。ただひとつ
 困ったのは、コンサートの開演が21:30からと遅く、終演後、真夜中の12時から美味しいご馳走を出さ
 れるため、体には決して良くない日々だったことです(笑)。

 

 それにしても、連日クエンカ兄弟のパコかペペのどちらかが車で私達の移動に付き合ってくれたのは、
 感謝感謝の一言です。そのあとは、マリア・エステルと彼女の住むセビリアを中心としたコンサートで、
 ここでは彼女と手塚さん、私のミックスプログラムによる演奏が大好評。マリア・エステルのスペイン
 での人気は大変なものですが、それも並々な らぬ実力の持っているからだということを改めて思い
 知らされました。セビリアでは何人もの日本人が聴きに来てくれて、打上げにきてくれた彼らと夜遅
 くまで過ごしたのも、とても楽しいひとときでした。
 

 フランス、イタリアの地中海岸方面に出かけてからは、ギターフェスティバルに出演のため、私達の
 馴染みのギタリストにも会えてなごやかな毎日でしたが、どこも主催者が大歓待してくれて、私は
 まるで女王様のような待遇をされました。それにしても地元の人の連れていってくれるレストランの
 食事の美味しいこと、美味しいこと。。これはとても言葉では言い表せません。フランス、イタリア
 料理の真髄を堪能してきました。ついでながら、宿泊したホテルも海を眺め、 周りを山々に囲まれる
 素敵なところでした。

  

 そこから再びスペインに戻り、中国人のヴァイオリニストLiu Weiさんを迎えての3人でのコンサート
 です。リナレスのアンドレス・セゴビア博物館での演奏は超満員で、とても心地の良いコンサート。
 その後アンダルシアの田舎町でも演奏しましたが、ハイライトはマドリッドの由緒あるアテネオ劇場
 でのコンサートです。室内楽に最適なこのホールでのコンサートは、満員の聴衆を前に拍手が鳴り止
 まず、最後のアンコールの曲が終わると聴衆は全員立ち上がり、スタンディングオベーションです。
 これは演奏家冥利に尽きます。Liu Weiさんも初スペインでのコンサートの成功を喜んでいました。
 

 こうしてコンサートツアーを終えたのですが、その翌日にはスペイン人の写真家によるポートレート
 撮影や、ギター製作の巨匠アルカンヘルさんとアンヘルさんとの食事会もあり、かつてないほどに充実
 し、楽しい雰囲気に包まれた海外公演を無事終えて帰国したのです。
 

 各地でお世話になった方々や、コンサートでの新たな出逢いに多く恵まれたことに深く感謝するばかり
 です。また、各地で撮ってきた写真は、そのうちフォトアルバムにてご紹介したいと思います。

 長くなりましたが、まずは旅のご報告までに。

 

▲ TOP

 


                                          2008.6.16

 

 今週からクロアチアへ出かけます。
 音楽フェスティバルに招かれているのですが、初めての訪問なのでとても楽しみです。
 先月のスペイン公演でも一緒の名ギタリスト、マリア・エステルさん、手塚さんとのトリオでの演奏です。
 この3人でのソロ、デュオ、トリオによるプログラムは、バラエティにに富んだ内容のため、どこでも
 大好評で、日本でも、11月28日(金)に、東神奈川のかなっくホールで開催することになりました。
 詳細が決まりましたら、ご案内しますので、どうぞご期待ください。

 クロアチアの後は、ベネチアに数泊し、そこからスペインに行き、以前お知らせしました「くるみ割人形」
 を含むソロCDの録音準備をしてきます。井上勝仁氏による、このピアノソロ編曲はとても興味深いもので、
 いずれ発売になりますので、お聴き頂ければ幸いです。

 天気予報によると、今年も暑い夏となりそうですが、どうぞ皆様もお身体に気を付けてお元気でお過ごし
 ください。

 

▲ TOP  

 


                                          2008.7.31


 ご無沙汰しております。本当に暑い夏となりましたが皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 おかげさまで、私は今月上旬に無事帰国しております。今年の春、夏の演奏ツアーは本当に充実した
 ものでした。

 旅の詳細をこちらへアップしましたので、どうぞ是非ご覧ください。
 フォトアルバムページにも少しづつ追加していきます。
 
 今は9月の録音に向けて、暑い中、鋭意準備中です。
 又コンサート情報は改めて更新します。

 それでは、また♪          

 

▲ TOP

 


                                          2008.8.30

 

 残暑お見舞い申し上げます!

 夏も終わりに近づき、ようやく涼しい日がやってきましたが、皆様、お元気でいらっしゃいますか。

 以前からお知らせし、来月予定していた「くるみ割り人形」の録音ですが、製作会社の事情で急遽
 取り止めとなってしまいました。残念ですが、又つぎの機会に向けて、取り組んでいく所存です。
 応援くださった皆様、どうも有難うございました。このクリスマスの時期にコンサートでは聴いて
 頂きたいと願ってます。
 さて、11月28日に行なうコンサート・パンフレットをUPしました。秋のコンサート・シーズンには、
 また各地で皆様と会場にてお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

▲ TOP


                                          2008.10.3

 

 早いもので秋風を感じる頃となりました。
 10月12日(日)は、久しぶりに平塚ラスカにて行なわれるミニコンサートに出演します。 
 当日会場でお渡しするプログラムノートをこちらでもご覧頂るようUPしました。

 14:00-,15:30-,17:00
 -各回、約20分のプログラムで演奏しますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。

 

▲ TOP

 


                                          2008.12.2

 

 お天気にも恵まれた先日のスペシャル・トリオ・コンサートはとても楽しい会となりました。
 ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!
 

 
 

 このあとも、6、7、18、19日と各地でコンサートがありますので、お近くの皆様のお越しをお待ちして
 おります。コンサート詳細はこちらへ♪ 
                   

▲ TOP

 


                                      2008.12.31 大晦日

 

 振返ると2008年もたくさんの旅&様々なコンサートがありました!
 12月のコンサートでも、音楽を通じての新たな出逢いを頂き、感謝の気持で一杯です。
 その様子はフォトアルバムの2008コンサートへ追加しますので、ココをクリックしてご覧下さい。
 今年もあと数時間となりましたが、、改めてお礼申し上げます。
 皆様、どうぞ良いお正月をお迎え下さい。 

 

2009年

  

                                   1月/1月末2月4月5月6月8月9月11月

2009.1.1 元旦

 Feliz Ano Nuevo 2009 ! 明けましておめでとうございます
  
 ついに2009年が始まりました。
 皆様にとって、さらに素晴らしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます♪
 
 2009年は、スペインの偉大な作曲家兼ピアニスト、I.アルベニス(1860~1909)と同じく作曲家兼ギタリストのF.ターレガ
 (1852~1909)の二人を讃えての百年記念の年にあたります。世界中で弾き続けられる二人の音楽の豊かさは、百年後の
 今でも決して色褪せることはありません。 
  
   ( 記念ロゴ ) 

 これを記念して、スペインではもちろん、日本でも各地で音楽祭やコンサートが開催されます。
 私もアルベニスの作品を数多く愛奏しているので、それを中心プログラムとしたソロリサイタルを行ないたく、日程を
 調整中です。もちろん、大好きなターレガの「カプリチオ・アラベ」ピアノバージョンも組み入れてのコンサート。
 いずれ、詳細が決まりましたらお知らせさせて頂きます。ついでにいうと、我が街、横浜市は2009年が開港150周年と
 なり、お祝いムードでイベント盛りだくさんです。その中に組まれる音楽会として、秋にはスペシャルな企画を予定
 していますので、こちらもご期待ください!
   
 本年もどうぞYOKO&「ピアノの魅惑」サイトを宜しくお願いいたします! 

 

▲ TOP

 

2009.1.25

 

 

 寒中お見舞い申し上げます

 寒い日が続いてますが、皆様お元気でいらっしゃいますか。今年のスケジュールを更新しました。
 3月は北スペインなど、4~5月は南スペインやイタリアでのコンサートを予定しています。

 さて、月刊「現代ギター」誌で、濱田滋郎先生の「対談」コーナーに登場し、3月号(2月23日発売)に掲載
 されることになりました。ギター&ピアノや旅のことなど、色々なお話をしていますので、是非ご覧下さい。
(→アーカイブに転載させて頂きました。)
 
 また、4月から洗足学園音楽大学院、ギター科で「コンチェルト講座」を担当することになりました。
 新しいお仕事での出逢いを楽しみにしています。 
  
 ピアノ生誕300年Yearでもある本年、皆様もピアノの魅力を是非満喫して下さい! 
                 

 

 

▲ TOP

 

 

2009.2.11

 

 まだまだ寒い日が続いてますが、春の訪れも近くなってきました。
 このサイトを開設してから、はや2年となりました。少しづつですが、時々更新を繰り返し、今では、Vol.2サイトまで
 広がってしまいました。
 

 今回、写真アルバムコーナーに鳥たちのギャラリーと、CDアルバム「Paisajes」についてのメッセージを加えました。
 お時間があるときにゆっくりとご覧頂けたら嬉しいです。

 

 

▲ TOP

 

 

2009.4.8

 

 はやいもので、もう桜の季節も終わりですね。
 しばらくぶりの更新となります。この間、3月は4日~18日までスペインへ滞在し、一足先に春の陽気の中、過ご
 して参りました。
 

 今回は久しぶりにバスク地方を訪ね、ビルバオとビトリアの音楽院ホールにて、トリオ・コンサートを行いました。
 マドリッドを中心に南から北までを行き来し、短い期間ながらも大変充実した旅でした。
 詳しくは、写真レポ-ト(演奏も一曲お聴き頂けます)をまとめましたので、是非、ご覧下さい♪
 

 さて、再び今月も14日より出かけ、スペインからイタリア、ローマ経由でシシリア島へ飛んでのコンサートとアンダル
 シアを中心にコンサートの予定が各地で組まれています。

 5月に入って帰国直後の5月9、10日には北海道でのコンサートがあり、こちらも楽しみです。
 これから、しばらく旅続きとなりますが、天候も良い時期ですので、存分に楽しみながら演奏してきたいと思います。

  先日掲載された「現代ギター」誌での対談記事をこちらに転載させて頂いたので、3月号を入手されなかった方は
   どうぞご覧頂けますと幸いです。
 
  リンク集に、5月よりコンチェルト講座を受け持つことになった「洗足学園音楽大学院」や、母校「桐朋学園
   大学」、OBである鈴木メソードのサイト等もご紹介しました。
   また、本年度はピアノ個人レッスンや、マスタークラスのご要望も、受けております。
   どなた様でも、ご希望にそって、ピアノを楽しんで頂きたく思いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

▲ TOP

 

 

2009.5.6

 

 イタリア、スペインの長旅から引き続き、再び桜咲く季節の北海道を訪れてのコンサート。
 今回も一連のツアーを楽しく終えることができました。
 各地でお世話になった方々、コンサートへおいで頂いた皆様に深く感謝申し上げます。

 この世界的なインフルエンザ騒ぎの最中でも、まったく風邪ひくことなく元気でいられたのが何よりで、おかげさまで
 大変充実した一ヶ月間を過ごすことができました。コンサートの合間に案内してもらった、シシリア島のシラクーサ
 タオルミーナでは、今なお残るギリシア時代の遺跡を、ローマではバチカン美術館、スペインの南西部、エクストレ
 ドゥーラ州のカセレストルヒージョメリダではローマ時代の遺跡を、カメラ片手に足が棒になるほどに夢中で巡り
 歩き、つかの間のタイムスリップ、まるで考古学者になったかのようでした。
 時間がとれましたら、改めて写真レポートしたいと思います。

 さてこの度、スペイン音楽の本の出版が決まり、9月末の発売を目指して進行中です。没後百年記念にあたるアル
 ベニスの作品を中心に、スペインの魅力をたくさん盛りこんだ内容となる予定です。同時期には出版記念コンサート
 も行ないたいと思っております。
 

 予定タイトルは「ピアニストが綴るスペインの風景」。どうぞご期待下さい♪ 
 それでは、また!皆様もお元気でお過ごし下さい。

 

 

 

 

▲ TOP

 

2009.6.5

 

 梅雨明けの爽やかな初夏の陽光が待ち遠しいこの頃ですが、皆様お変わりありませんか。
 おかげさまで「ピアノの魅惑」サイトも先日、7777のアクセスを更新しました。
 いつもご訪問頂き、有り難うございます!
 さて、6月27日(土)は久しぶりのラスカ・ミニコンサートに出演です。当日会場でお渡しするプログラムノートも、

 今回でNo.16となりました。(これをNo.1からのプログラム半分以上お持ちで集めて下さった方がいらっしゃいまし
 たら、ご連絡下さい!記念品をプレゼントさせて頂きます。)
 時間等の詳細はこちらへ。
 お近くの方は是非、お気軽にお立ち寄り頂ければ幸いです。
 

 又、7月には夏の教室発表会があり、こちらも楽しいコンサートとなりますので、お気軽にご来場下さい。
 それでは、また♪       

 

 

▲ TOP

 

 

2009.8.3

 

 暑中お見舞い申し上げます!

 早いもので8月。更新も久しぶりとなってしまいまししたが、この間、ミニコンサートや、アースプラザでの演奏会、
 大学の授業、秋のコンサート準備などに加え、急ピッチで「ピアニストが綴るスペインの風景」の出版準備を進めて
 おります。嬉しいことにスペイン文化省の助成プログラムである、グラシアン基金の対象にも決まり、秋に発売の予定
 となります。それに附随しての記念コンサートなど、やりたい事やアイデアはいっぱいですが、まずはこの本の完成に
 向けて集中していきたいと思います。
 

 秋のコンサートでは、各地の会場にて、この本をご披露できるよう願っています。
 久しぶりにフォトアルバムのスライドショーを更新し、小鳥と犬とピアノのコレクションも追加しましたので
 お楽しみ頂けますように!

 

 暑い日が続いてますが、どうぞ皆様もこの夏をお元気でお過ごし下さい。

 

 

▲ TOP

 

 

2009.9.7

 

  秋風が心地良い季節となりました。皆様、いかがお過ごしですか?
  前々からお知らせしてる出版準備は、最終行程と入りました。本のタイトル改め、
  「スペインの風景~ 音楽で彩る旅行ガイド」となり、ヤマハミュージックメディア社からの10月15日発売の予定
  になりますことをご報告します。
  写真もたくさん入り、素敵な装丁の本になりそうで、私自身、今から形になるのが楽しみでなりません。
  発売の頃には、再びこちらでお知らせします。


  さて、今年も「ギターの女王」マリア・エステルさんが10月から来日し、沖縄から北海道まで各地でコンサートが
  開催されます。横浜公演では横浜開港150周年記念「至高の響き アルカンヘル・ギター」と題するコンサートを
  杉田劇場で行いますが、ここでは、マリア・エステルさんのギターソロはもちろん、私のピアノソロ、ギターデュオ
  ギターアンサンブル、ギター&ピアノとバラエティに富んだプログラムになりますので、多くの方に楽しんで頂け
  ることを願っております。(その他、各地でのコンサート詳細は、こちら

 
  久々に「Tesoro del Piano」ブログコーナーを更新しました。今度のコンサートで演奏する曲「アラビア風奇想曲」
  などを紹介していますので、合わせてご覧頂ければ嬉しいです。

 

 

▲ TOP

 

2009.11.13

 

  『スペインの風景~音楽で彩る旅行ガイド』完成!

       

 

  早くも11月となってしまいましたが、おかげ様で本が無事に出版されました。
  表紙は、グラナダのアランブラ宮殿の庭園です。旅行ガイドとして、アンダルシアの街々を巡りながら、読み物と
  して、スペイン音楽の魅力も一緒に楽しめる一冊となりました。
  

  多くの方にご協力頂き、こうして出版できたことに改めて感謝するばかりです。
  新書「スペインの風景」は、お近くの書店やネットショップなどでもお求めできますので、是非お手にとってご覧
  くだされば嬉しいです。
  

  この本にこめた想いが皆さまへ届きますように。。
  そして、いつかスペインの旅へのお供とされることを願ってます。
  
  さて、この間に行なった各地でのマリア・エステルさんや仲間とのコンサート・ツアーはどこも楽しいもので、本の
  発売も重なって、忘れがたい一ヶ月となりました。長くなりますが、ざっと振返ると、10月1日からは、まだまだ夏
  の熱気が残っていた沖縄の名護公演は、地元の皆さんの素晴らしい笑顔に迎えられ、輝くばかりの楽しい4日間にな
  りました。10日は横浜での公演で、ギターアンサンブル・カンパニージャと共に、にぎやかで楽しいコンサートで、
  横浜開港記念150年のイベントとして「至高の響き」を多くの方と分かち合うことができたことに感謝です。
  又、15日には小田原のアルコイリスコンサートでは、少人数での親密な会を楽しみ、翌16日は1000人も入る日野市
  の大ホールにてASAチャリティコンサートでした。ここでは、完成したばかりの本がついに届き、会場にて皆様にご
  披露することができて、私にとって記念すべき嬉しい日となりました。


  


  その後、20日からは紅葉が見事な北海道へ。登別温泉ではゆったりと旅の疲れを癒し、札幌、室蘭でのコンサ
   ートやマスタークラス、帰国前日には洗足学園音楽大学院での特別授業もあり、ハードなスケジュールなが
  ら、最後まで元気で素晴らしい演奏を聴かせてくれたマリア・エステルさんは、別れを名残惜しみながら日本
  を発ち、27日に帰国されました。各地でお世話になった皆様に心から感謝申し上げます。

  さて、今月25日には、再び北海道でのコンサートです。伊達市では、今までにも何度もリサイタルを開催して
  頂いてるので、今回もお馴染みの皆様とお会いできることが、何よりの楽しみです。
  ここではグラナドスの「詩的なワルツ集」やアルベニスのイベリアなどのプログラムを用意しています。
  又、27日には、各地で活躍されている、札幌在住のギタリスト宮下祥子さんのリサイタルが、池袋(要町駅)
  近くの現代ギター社4FのGGサロンで開催されます。この時は、私もアランフェス協奏曲を共演いたします。
  素敵なプログラムですので、お時間とれましたら、是非ご来場ください。

  今年も残り少なくなってきましたが、どうぞ、深まる秋の中、皆様もお元気でお過ごしください。